2018年7月6日金曜日

Team KAGAYAMA 鈴鹿8耐 参戦体制発表!総監督はケビン・シュワンツ!!

このエントリーをはてなブックマークに追加

先日、ヨシムラから鈴鹿8時間耐久レースの参戦体制の発表に続き、Team KAGAYAMAからも参戦体制の発表がありました。

ライダーは、全日本ロードレース選手権のJSB1000クラスへ参戦中の加賀山 就臣選手と、スペイン選手権のスーパーストック1000クラスへ参戦中の浦本 修充選手、FIM ロードレース世界選手権のmoto2クラスへ参戦中のジョー・ロバーツ選手で鈴鹿8耐に挑みます!

そして、総監督に1993年のロードレース世界選手権 500ccチャンピオンでスズキのレジェンドライダーのケビン・シュワンツが総監督に就任しています。

チーム名も『Team KAGAYAMA U.S.A.』で参戦するとの発表です。

以下、Team KAGAYAMA U.S.A.からの発表です。






いつもTeam KAGAYAMAの活動に、ご支援ご声援いただき、誠にありがとうございます。
我々は、2018年7月26~29日、三重県・鈴鹿サーキットで開催される‟コカ・コーラ”鈴鹿8時間耐久ロードレース第41回大会に、SUZUKI GSX-R1000のマシンを駆り、コンセプトを『U.S.A.』として参戦致します。

参戦チーム名は、『Team KAGAYAMA U.S.A.』となり、2013年にライダーとして共に戦ったケビン・シュワンツを総監督として迎え、2015年以来の表彰台獲得、そして初優勝を目指して一丸となって戦って参ります。

ライダーには、チームオーナーでもあり全日本ロードレース選手権JSB1000クラス参戦ライダーである加賀山就臣に加え、今期RFMEスペイン選手権スーパーストック1000クラスにTeam SUZUKI JEG/KAGAYAMA Racingより参戦している浦本修充を起用致します。そして、三人目には、MotoGP™ロードレース世界選手権Moto2™クラスに、今期より日本製NTSシャーシにてフル参戦する21歳のアメリカ人ジョー・ロバーツを起用致します。シュワンツと共に、再び表彰台を獲得し、初めての栄冠を手にするために、6度目の挑戦を致します。

Team KAGAYAMAの挑戦に、熱いご声援を宜しくお願い致します。

チーム名:Team KAGAYAMA U.S.A.
ゼッケン:#71
マシン:SUZUKI GSX-R1000 L8
タイヤ:DUNLOP
ライダー:加賀山 就臣 /ジョー・ロバーツ/浦本 修充
総監督:ケビン・シュワンツ






チーム代表:加賀山 就臣 選手のコメント
「Team KAGAYAMA、今年のテーマは『U.S.A.』です。2013年にライダーとして共に戦い表彰台を獲得したケビンと、今年は監督として参戦します。ライダーには、8耐初参戦になりますがモト2からアメリカのジョーが加わります。ケビン監督には、ジョーへの8耐アドバイスやチームへの戦略に入ってもらい、彼の経験値を鈴鹿8耐で存分に活かさせて頂きます。

チームとしては、2年連続トラブルで順位を落し表彰台を逃すレースをしてしまいましたが、今年こそチーム皆で表彰台に戻りたいと思います。新たなU.S.A.企画に参加したくれた、ケビンとジョーに感謝し、チームスポンサーやファンの方々に喜んでもらえるよう、スズキGSX-R1000に乗り、全力で戦って行きます。今年も応援よろしくお願いします。」

とのコメントです。
いつものTeam KAGAYAMAにジョー・ロバーツが加わり、どこまで行けるでしょうか!?

GIA 専門学校 新潟国際自動車大学校が今年もTeam KAGAYAMAのカウルの塗装を行っており、その様子がYoutubeで公開されています。

GIA 専門学校 新潟国際自動車大学校カウル塗装の様子




2013年に芳賀 紀行選手とケビン・シュワンツ選手を迎え、鈴鹿8耐 総合3位は非常にシビれました!
今年も表彰台を期待してます!





人気ブログランキング

0 件のコメント:

コメントを投稿