2018年10月12日金曜日

ZX-6Rがモデルチェンジして帰ってきた!2019年式ZX-6Rは2018年末から国内販売開始!

このエントリーをはてなブックマークに追加


排ガス規制により2016年に市場から姿を消していたZX-6Rですが、ユーロ4に適合させた2019年型のZX-6Rが発表されました。

外観が2018年にモデルチェンジしたNinjya400/250と似た顔つきになり、フルLEDヘッドライトが採用されました

馬力に関しては、ユーロ4に適応させるため131psから130psにパワーダウンしていますが、2019年式のZX-6RはトラクションコントロールやABSを継続装備、新形状のサイレンサー&ヒールガード、クイックシフターや新しいメーターに加え、日本仕様にはETCが標準装備されます。


2018年10月上旬から導入国で順次発売され、日本での販売は2018年末に予定されており、正式な国内販売価格はまだ発表されていませんが、北米仕様のNinja ZX-6R ABSが1万999ドル(日本円で約123万円)となっています。




2019年式 ZX-6R プロモーションビデオ





2019年型 ZX-6R







カウルのデザインを一新し、シャープでエッジの効いたボディラインが、一目で"Ninja "とわかるライバル車と全く異なる外観を作り出しています。
また、新しいフロントカウルとスクリーンは前モデルよりもウインドプロテクション性能が向上しています。
フロントカウル内部には電源供給ケーブルが新設され、スマートフォンやナビゲーションシステムなどのアクセサリーへの電力供給を可能としています。
LEDテールランプはZX-10Rと同じ形状を採用し、バイクの後部に洗練された高級感を与えます。


ZX-6Rの+37ccの排気量による利点は、余裕のあるトルクがワインディングとサーキットの両方で優れたパフォーマンスとライディングの爽快感を生み出します。
600ccのスーパースポーツモデルと比較して中低速トルクが強くなっているため、ストップ&ゴーの多い都市部での街乗りや、高速道路での追い越し加速など、街乗りの状況下でも使いやすさが向上しています。
2019年の変更点は排ガス規制 ユーロ4をクリアするため、従来モデルの131psから130psへパワーダウンしていますが、最大トルクは従来型と変わらず7.2㎏-mとなっており、最大トルク回転数が11500rpmから11000rpmに引き下げられています。
また、ファイナルレシオを小さくすることで、低回転域でのエンジンの力強さを強調しています。







フレームやスイングアームに変更は無く、ホイールベースが1395mmから1400mmと5mm伸びていますが、2次元減速比の変更により5mmホイールベースが延長されています。



足回りに変更はなく、フロントサスペンションには旧モデルと同じSHOWAのSFF-BPサスペンションが採用されています。



SFF-BPサスペンションは、従来の構造よりシンプル化を図りながら性能を向上し軽量化を実現。
2本あるうちの片方のフォークに減衰機構(カートリッジを持たないビッグピストン)をもう片方のフォークにプリロード調整機能を集約させ、それぞれの機能を完全に独立させています。



洗練されたメーター周りは、各種警告灯と、ギアポジション表示、多機能LCD画面と中央に配置されたアナログタコメーターが特徴的です。
従来モデルと同様に、トラクションコントロールシステムを搭載しており、3モードKTRC(Kawasaki TRaction Control)はスポーツ走行からツーリングまで、様々なライディング状況に適したモードを提供します。
日本仕様にはETC2.0が標準装備されます。



2019年モデルには、KQS(カワサキ・クイック・シフター)が搭載され、クラッチ操作不要でシフトアップが可能となっています。
シフトダウンに関しては、対応していないようです。






タンクキャップのデザインが変更され、2019年式のシートは前後の長さを短くすることで、ライダーとのフィット感を高めています。
また、シート前部の幅を細く絞ることで足つきも向上しています。



2019年型 ZX-6R スペック



全長×全幅×全高:2,025mm×710mm×1,100mm
軸間距離:1,400mm
最低地上高:130mm
シート高:830mm
キャスター/トレール:23.5度/101mm
エンジン形式:水冷4ストローク4気筒 DOHC4バルブ
総排気量:636cc
内径×行程:67.0×45.1mm
圧縮比:12.9:1
始動方式:セルフスターター
点火方式:トランジスタ点火
潤滑方式:ウェットサンプ
エンジンオイル容量:3.6L
燃料供給方式:フューエルインジェクション
トランスミッション形式:常噛6段リターン
クラッチ形式:湿式多板
ギヤ・レシオ: 1速:2.846(37/13)
        2速:2.200(33/15)
        3速:1.850(37/20)
        4速:1.600(32/20)
        5速:1.421(27/19)
        6速:1.300(26/20)
一次減速比/二次減速比:1.900(76/40)/2.867(43/15)
フレーム形式:ダイヤモンド
懸架方式: 前:テレスコピック(倒立)後:スイングアーム(ユニトラック)
タイヤサイズ: 前:120/70 ZR17M/C(58W)
        後:180/55 ZR17M/C (73W)
ブレーキ形式: 前:デュアルディスク 275mm
        後:シングルディスク 186mm 
ステアリングアングル(左/右):27度/27度
車両重量:196kg(Ninja ZX-6R ABS)
     193kg(Ninja ZX-6R)

燃料タンク容量:17L


カラーバリエーション(北米仕様)



ZX-6R ABS KRT EDITION
(ライムグリーン×エボニー×メタリックグラファイトグレー)



 ZX-6R ※ABS非装着車
(メタリックスパークブラック×メタリックフラットスパークブラック)



ZX-6R ABS 
(パールストームグレー×メタリックスパークブラック)





純正オプションパーツ(北米)

北米では以下の純正オプションパーツが用意されています。
オーリンズのステアリングダンパーがオプションパーツにラインナップされています。

前モデルもスタンダードではステアリングダンパーが非搭載で、購入した友人に7万5千円くらいしたと聞いた記憶があります。
よって、2019年式のZX-6Rも非搭載だと思います。
しかし値段が高い・・・



発売時期・価格

2018年10月上旬から欧州・北米・オーストラリア・日本・インドネシア・タイ・フィリピンなどで販売開始。
販売価格に関しては、北米仕様のZX-6R(ABS無し)が9999ドル(約112万円)、ZX-6R ABS が1万999ドル(約123万円)、ZX-6R ABS KRT EDITIONが1万1299ドル(約127万円)となっています。

日本での発売は2018年末からの予定で、販売価格について正式なアナウンスはまだされていません。

     前モデル(2013年)の販売価格     

     ZX-6R ABS KRT EDITION 130万1400円

     ZX-6R ABS        128万5200円




人気ブログランキング

0 件のコメント:

コメントを投稿