2018年9月14日金曜日

いよいよ後半戦へ突入!WSBK 第10戦 ポルトガルRoundと来季のパニガーレV4について

このエントリーをはてなブックマークに追加


9月14日~16日の日程で、WSBK 第10戦 ポルトガルRoundがアウトードロモ・インテルナシオナル・ド・アルガルヴェ(通称 ポルティマオ)で開催されます。

WSBKのチャンピオンシップは2ヶ月以上の長い夏休みを終え、いよいよ終盤戦へ入っていきます。

WSSPクラスではKawasaki Puccettiチームが、WSBK第5戦 イタリアROUNDで引退したケナン・ソフォーグル選手の代役として今回のポルティマオからヘクトール・バルベラを起用することを発表しています。

また、ドカティは来年からWSBKで使用するPanigale V4をテストしており、現在の2気筒エンジンよりも速かったそうです!

WSBKの終盤戦へ入る前に、各クラスのポイントランキング、第10戦の舞台ポルティマオのコース紹介、パニガーレV4のテストについてとWSBK 第10戦 ポルトガルRoundのタイムスケジュールを紹介したいと思います。



WSBKの各クラスの、現在のポイントランキングは以下の通りです。

SBKクラス ポイントランキング
※画像クリックで拡大します


SSPクラス ポイントランキング
※画像クリックで拡大します。


SSP300クラス ポイントランキング
※画像クリックで拡大します。


STK1000クラス ポイントランキング
※画像クリックで拡大します。

SBKクラスはジョナサン・レイが異次元の強さで、ランキング2位のチャズ・デイビスに92pt差を付けています。
今年もジョナサン・レイがタイトル獲得は間違いないでしょう!
どんなにルールを変えてもレイの独走を止められないんですねぇ・・・・
流石は王者ジョナサン・レイです!

SSPクラスはサンドロ・コルセテとジュール・クルーセルのタイトル争いが加熱しており、目の離せない状況となっています!!
何かと波乱の起きてしまうクラスなので、クルメナッハー、カリカスロ、デ・ローサ、マヒアスにもチャンスがあるかもしれません!本当に目が離せない状況です!

SSP300クラスでは、女性ライダーのラナ・カラスコ選手がポイントリーダーとなっております!
今シーズンのカラスコ選手のレース展開を見ると、本当に強さが目立ちます!
このままタイトル獲得まで突っ走って欲しいものです!



ポルティマオ コース紹介
ポルトガルRoundの行われるポルティマオ・サーキットは、ポルトガル南部アルガルヴェ地方にあるサーキットです。
正式には、アウトードロモ・インテルナシオナル・ド・アルガルヴェ(Autódromo Internacional do Algarve)というとても長い名前です。
呼びづらいので、アルガルヴェ・モーターパークとか、アルガルヴェ国際サーキットとも呼ばれています。
では、何故「ポルティマオ」と呼ばれるのか?という事になりますが、ポルティマオン (Portimão) にあるサーキットなので、英語名においてPortimao Circuitとも表記されます。
よって、日本でもポルティマオと呼ばれることが多いのです。

ポルティマオは、建築費用1億9500万ユーロ(約244億円)をかけ、2008年10月に完成しました。
サーキットの施設には、カートレース場やテクノロジーパーク、五つ星のホテル、スポーツ複合施設、住居などの施設が含まれており、非常に充実した設備が整っています。



全長:4.592km
コーナー数:15(左 6・右9)


9コーナーの名称「クレイグ・ジョーンズ・コーナー」についてですが、2008年のWSS ブランズ・ハッチでのレース中に亡くなったクレイグ・ジョーンズ選手に追悼の意を込めて、サーキットのオーナーが9コーナーに「クレイグ・ジョーンズ・コーナー」と名付けました。





記事冒頭で触れたパニガーレV4の件ですが、先日ミサノで行われたMotoGP第13戦 サンマリノGPでスポーティング・ディレクターのパオロ・チャバッティがパニガーレV4の最新テストに関する情報を少しだけ明らかにしたようです。
チャバッティ氏によると最初のテストはポジティブであり、2019年のスーパーバイク世界選手権の開幕戦に向けて作業が順調に進んでいるようです。





パオロ・チャバッティ氏のコメント(ドカティ スポーティング・ディレクター)
「我々は、新しいPanigale V4 Superbikeの開発段階にいます。
テストの結果に私たちは非常に満足していますが、細かい部分を煮詰めていく必要があります。
パニガーレV4は現在のツインエンジンのマシンよりも 遥かに速かったです。
チャズ・デイビスのマシンを1台用意しており、ミケーレ・ピッロがバック・トゥ・バック・テストを行いました。

V4は既に今シーズンのバイクより速く、非常に満足できるレベルに達したと思いますが、いくつかの項目を修正するのに時間はかかります。
V4マシンは非常に競争力があるようです。」

とのコメントを残しています。
今シーズンまで使用している2気筒のパニガーレはドカティ史上、スーパーバイク世界選手権で無冠のバイクとなりそうですが、来年からWSBKを走るパニガーレV4はカワサキとジョナサン・レイの時代に終止符を打つことができるのでしょうか!?
最後にWSBK 第10戦 ポルトガルRoundのタイムスケジュールを紹介したいと思います。


WSBK 第10戦 ポルトガルRound タイムスケジュール

9月14日(
17:00~17:30 STK1000     FP1
17:45~18:25 WorldSBK    FP1
18:40~19:30 WorldSSP    FP1
19:45~20:15 WorldSSP300 FP1
20:30~21:10 WorldSBK    FP2
22:15~22:45 STK1000     FP2
23:00~23:50 WorldSSP      FP2
00:05~00:45 WorldSBK    FP3
01:00~01:30 WorldSSP300  FP2

9月15日(
16:45~17:05 WorldSBK    FP4
17:15~17:35 WorldSSP    FP3
17:45~18:15 STK1000    FP3
18:30~18:45 WorldSBK    SP1 
18:55~19:10 WorldSBK    SP2 
19:30~19:45 WorldSSP300  SP1 
19:55~20:10 WorldSSP300  SP2 
21:00~      WorldSBK    レース1 
22:00~22:15 WorldSSP    SP1 
22:25~22:40 WorldSSP    SP2 
23:00~23:30 STK1000    QP

9月16日(
17:00~17:15 STK1000     WUP
17:25~17:35 WorldSSP300 WUP
17:45~18:00 WorldSSP     WUP
18:10~18:25 WorldSBK   WUP
19:45~      STK1000    レース
20:45~    WorldSSP300  レース
21:45~    WorldSSP      レース
23:15~    WorldSBK     レース2 


SBKクラスのポイントランキングでは、ジョナサン・レイ選手が飛び抜けていますが、ポルティマオはトム・サイクス選手の得意なコースです!
サイクス選手は来年カワサキを去るわけですが、移籍する前にZX-10Rでの優勝が見たいです!!
また、SSPクラスのタイトル争いも白熱していますので目が離せません!!
今週末は一体どんなレースになるのでしょうか!?
すごく楽しみです!




人気ブログランキング

0 件のコメント:

コメントを投稿