2018年9月7日金曜日

MotoGP第13戦 サンマリノGPについて!ジョアン・ミルは新たなライディング方法確立?

このエントリーをはてなブックマークに追加


9月7日~9日の日程で、ミサノ・ワールド・サーキット・マルコ・シモンチェリ(ミサノサーキット)でMotoGP第13戦 サンマリノGPが開催されます。

ミサノサーキットは、イタリア共和国エミリア=ロマーニャ州のアドリア海沿岸の町、ミザーノ・アドリアーティコにあるのですが、サンマリノ共和国の中にはサーキットが無いため、東に18km離れたイタリア領内のミサノサーキットを借用し、サンマリノ共和国の主催で行われています。

また、今回のサンマリノGPを前に、契約更新でも動きがありました。

レアーレ・アビンティア・レーシングは9月5日に、MotoGPクラス7年目のカレル・アブラハムとの間で2019年から2年間の参戦に関して合意したことを発表しました。

今日はミサノサーキットのコース概要、MotoGPクラスの選手のコメント、第13戦 サンマリノGPのタイムスケジュールを紹介したいと思います。



ミサノ・ワールド・サーキット・マルコ・シモンチェリ コース概要

ミサノサーキットは、2006年にトラックの改修工事を行い、設備・スタンドの大規模な工事を実施し、周回方向も反時計回りから時計周りにするという大幅なコースレイアウト、施設の変更をしています。
2007年にウェイン・レイニーが転倒した1993年以来となる、14年振りにmotogpの開催日程に復帰しました。

2012年には、地元リミニ出身のレジェンドライダーである、マルコ・シモンチェリ選手(故) の功績を称え、名称をミサノ・ワールド・サーキット‐マルコ・シモンチェリに改称しています。

9年連続19回目の開催となった2015年は、3日間で15万人を超える観客数を記録しています。
2016年9月に、2017年から4年間の契約延長に関して合意しており、2020年までの開催が決定しています。

全長:4.2km
コーナー数:16(左6 右10)
コース幅:14m
ホームストレート:530m

サーキットレコードは、2016年 ホルヘ・ロレンソが記録した1’31.868です。
パッシングポイントですが、4~6コーナーの区間、8コーナー、9・10と合わさる複合コーナー、14コーナーとパッシングポイントとなっており、勝負どころが多いサーキットでもあります。


前戦イギリスGPのレースが雨により中止となり、今後の対策をドルナスポーツの最高経営責任者 カルメロ・エスペレータ氏よりコメントが出ていますので紹介したいと思います。


カルメロ・エスペレータ氏のコメント
「シルバーストーンのレースキャンセルは残念なことでしたが、この経験から学ばなければいけません。
あのようなことを繰り返さないために、何がすべきかを検討する必要があります。
もし、日曜に決勝レースが開催できなければ今後は月曜、または火曜に振り替えて開催します。

我々はレースをするために、ここにいます。
明日、ライダーたちに確実にレースを開催すること、サーキットに延滞することを伝えます。
私は規則の変更を好みません。
これは承認された事案ではありません。
これから、振替開催の可能性を確認します。
ライダーたちだけでなく、プロモーターたちにも伝えなければいけません。

2021年までは、現在の開催地を維持します。
当然、開催条件の承認を得ることが前提となります」

と、振替開催と来年以降の開催日程についてコメントしています。



また、前戦イギリスGPで右脚を骨折したティト・ラバトの代役ライダーとして、レアーレ・アビンティア・レーシングは、今季スペイン選手権のスーパーストック1000にレギュラー参戦し、現在ランキング5位の22歳のフランス人ライダー、クリストフ・ポンソン起用することを発表しました。



ポンソン選手は、20155年にWSBKにフル参戦した経験があり、2013年と2016年にはWSBKの併催大会である、スーパーストック1000に参戦しています。
今週末のレースではクリストフ・ポンソン選手が、シャビエル・シメオンのデスモセディチGP16を走らせることになり、シメオンは、ラバトのデスモセディチGP17でレースを行います。


MotoGP第13戦 サンマリノGPについて、MotoGPクラスへ参戦する選手からもコメントが出ていますので紹介したいと思います。



バレンティーノ・ロッシのコメント
「ホームグランプリを迎えることは、いつも特別です。
沢山の友人たちとファンがサーキットに来てくれます。
素敵な週末になるように全力を尽くします。
数週間前にミサノでテストを実施し、作業の続きをしなければいけません。
可能な限り最善の手段で週末を始め、良いレースをして表彰台を争うために全力を尽くします。
誰もが今週末を楽しむために好天候になることを願います。」



マーベリック・ヴィニャーレスのコメント
「不運にもシルバーストンでは悪天候が理由でレースができませんでした。
バイクからすごく良い感じを得ていて、全てのプラクティスで非常に速かったので、レースができなかったのは残念でしたが、大変有効となったアラゴンでのテストの後で、ミサノを迎えられます。

正しい方向に向かって仕事をしているという実感があるので、モチベーションは高いです。
昨シーズン序盤と同じフィーリングが戻って来たことで、落ち着きを与えてくれるので、ポイントを稼ぐことに集中できます。
数週間前にミサノで実施したテストでは、素晴らしいパフォーマンスで走ることができました。
これはとても良いことです。
セットアップが大きく良くなったので、ヤマハが待ち望んでいる優勝に向けて いつものように100%を尽くします。」




アンドレア・ドヴィジオーゾのコメント
「シルバーストーンでレースができなかったことは残念でした。
僕たちはとても強かったし、マルケスとのポイント差を詰める絶好の機会を失いましたが、やる気満々で乗り込みます。
それに、ミサノとアラゴンのテストは、とても良い内容でした。
両方のトラックで戦闘的になれることを確認したので、大きな自信があります。
僕たちにとって重要なグランプリとなるでしょう。
昨年は3位でしたが、今年はそれ以上を目指したいです。」





ホルヘ・ロレンソのコメント
「シルバーストンで起きたことは残念でしたが、最終的には最善の決断を下したと考えています。
1戦を失った後、ミサノという特別なグランプリを迎えます。
シーズン末まで最高のリザルトに向けて闘えることを証明できる絶好の機会となるでしょう。
ミサノは大好きなトラックです。
数週間前に実施したテストはすごく良かったです。
金曜は戦闘的なベースから始められます。
アラゴンのテストも後味が良かったです。
今週末は接戦となるでしょう。
全員が強いので、とてもエキサイティングです。
僕には良い感触があります。」



ミケーレ・ピッロのコメント(Ducatiのテストライダー)
「先週のアラゴンではレギュラーライダーたちが、僕がミサノでテストをしたことを試していました。
僕はスーパーバイク世界選手権に投入する新車のテストに取り組みました。

ムジェロで起こったあの転倒は、本当に幸運でした。
あまり憶えていませんが、直ぐにバイクに乗ることができ戦闘力を確認することができたので、落ち着くことができました。
最もレベルの高い最高峰クラスで自分のレベルを確認したいと思います。
とにかく、楽しみ、トップ10入りを目指します。

今週末は自分のバイクで走ります。
可能な限りのベストリザルトを獲得するために集中します。
ティトには1日も早く復帰してもらいたいです。
彼が使用する17年型を良く把握しています。
グッドなポテンシャルがあるので、僕は(代役として参戦する)準備ができていますが、最終的にはドカティが決めることです。」

※記事中盤で紹介した通り、ティト・ラバトの代役はクリストフ・ポンソンに決定済み




マルク・マルケスのコメント
「ミサノは他の開催地と比較してブレーキングとアクセラレーションが多く、低速でねじれています。
過去において、僕たちにとって有利なトラックでした。
良い思い出があるので、新たな思い出を加えるために挑戦します。
1年前はバイクに良い感じがあり、思うように走ることができました。
金曜にはいつものメンタリティーでトラックに飛び出すつもりです。

セッション毎を改善するために、トラックコンディションとグリップを理解しようと思います。
晴れて温かい週末になることを期待します。」




ダニ・ペドロサのコメント
「ミサノでは好天候に恵まれ、全てのセッションを最大限に活かしたいです。
レイアウトが好きですが、少しバンピーでグリップがチャレンジとなります。
それに、午前と午後でトラックの状態が大きく変わります。
タイヤ選択は非常に重要になるでしょう。
いつも熱狂的なファンが作り出す雰囲気はとても好きです。」




中上 貴晶 選手のコメント
「ミサノは、素晴らしいリザルトを獲得した良い思い出があり、相性の良い得意コースです。
まだ1度も勝ったことがありませんが、何度も2位、3位と表彰台を獲得しています。
レイアウトが僕のライディングスタイルと合うんです。
今週末が楽しみです。
明日から全力で思いっきり走ります。」





アンドレア・イアンノーネのコメント
「ミサノは僕にとって一種のホームレースです。
イタリア人ライダーにとって、いつもホームレースで上手く走れることを望み、エクストラなモチベーションがあります。
沢山のファンと熱狂的なスズキのファンが来てくれる良い週末を迎え、ポジティブなリザルトを獲得したいです。
集中力を維持し、全てのセッションで上手くやる必要があります。
僕たちは最高のレースにするポテンシャルがあります。」




アレックス・リンスのコメント
「シルバーストンのレースがキャンセルとなったことで、僕は1日も早くバイクに乗り、レースに戻りたいという気持ちが強いです。
先週、アラゴンでポジティブなテストができ、セッティングと電子制御で幾つかの改善が見つかりました。
来季に向けてだけでなく、今週末のミサノから有効となるでしょう。
最高の週末になることを期待しています。
僕たちは、しっかりとした進歩を果たしています。
さらに改良し、トップに接近する良いチャンスになると信じています。」




アレイシ・エスパルガロのコメント
「ミサノでのレースに向けて、モチベーションが高いです。
アプリリアのホームレースですからね。
チーム全員がベストを尽くしたいと考えています。
数週間前に実施したテストではとても良かったです。
ここまでの結果は期待通りではなかったので、仕事をしなければいけません。
その理由で僕たちは開発作業を目的に、ミサノに残り月曜と火曜も作業を続けます。」


アプリリア レーシングチーム グレシーニは今週末のサンマリノGPから、クルーチーフがマーカス・エッシェンバッハーからピエトロ・カプラーラに変更することを発表しています。
カプラーラ氏は過去に、JiR・チーム・スコット・ホンダでアンドレア・ドヴィジオーゾ、スカイ・レーシング・チーム・VR46でロマーネ・フェナティ、ニッコロー・ブレガを担当していた方です。
果たして、クルーチーフの変更が結果に結びつくことができるでしょうか?



また、Facebookでは、ジョアン・ミルによるメット擦り走法が公開されています。


今週のサンマリノGPで披露されるのでしょうか!?(笑)
是非ともバリバリマシンに投稿して、赤ゼッケン獲得を目指して欲しいものです!!

最後に MotoGP第13戦 サンマリノGPのタイムスケジュールを紹介したいと思います。



MotoGP第13戦 サンマリノGP タイムスケジュール

9月7日(
16:00~16:40 Moto3 FP1
16:55~17:40 MotoGP FP1
17:55~18:40 Moto2 FP1
20:10~20:50 Moto3 FP2
21:05~21:50 MotoGP FP2
22:05~22:50 Moto2 FP2

9月8日(
16:00~16:40 Moto3 FP3
16:55~17:40 MotoGP FP3
17:55~18:40 Moto2 FP3
19:35~20:15 Moto3 公式予選
20:30~21:00 MotoGP FP4
21:10~21:25 MotoGP Q1
21:35~21:50 MotoGP Q1
22:05~22:50 Moto2 公式予選


9月9日(
15:40~16:00 Moto3 WUP
16:10~16:30 Moto2 WUP
16:40~17:00 MotoGP WUP
18:00~    Moto3 決勝レース
19:20~    Moto2 決勝レース
21:00~    MotoGP 決勝レース




人気ブログランキング

0 件のコメント:

コメントを投稿