2018年9月8日土曜日

ショーダウンに進める6名は誰だ!? BSB第9戦 シルバーストーンとMotoGP サンマリノGP初日結果!

このエントリーをはてなブックマークに追加

昨日の記事でも取り上げましたが、9月7日~9日の日程で、ミサノ・ワールド・サーキット・マルコ・シモンチェリ(ミサノサーキット)でMotoGP第13戦 サンマリノGPが開催されています。

また、ブリティッシュスーパーバイク選手権(BSB)も同じ日程で第9戦 シルバーストーンRoundが開催されています。

BSBの方は、今週末のレースでショーダウンに進めるライダー6名が決定する非常に重要なレースとなり、 8日の土曜日にレース1、9日の日曜日にレース2とレース3が開催されトリプルヘッダーとなっています!

今シーズンの運命を左右する1戦になると言っても過言ではありません。

今日はBSBとMotoGPの初日のリザルトとMotoGPクラスの選手のコメント、両選手権のタイムスケジュールを紹介したいと思います。



ショーダウンに進めるライダー6名が今週決まるBSBですが、現在のポイントランキング上位10名は以下のライダーです。
※シェイキーの写真が白黒で遺影みたいになってるのがシュールですね(笑)



1位 レオン・ハスラム   330pt (JG SPEEDFIT KAWASAKI)
2位 ジェイク・ディクソン 230pt (RAF REGULAR AND RESERVES KAWASAKI)
3位 グレン・アーウィン 187pt (BE WISER DUCATI)
4位 ジョシュ・ブルックス 174pt (MCAMS YAMAHA)
5位 ブラッドリー・レイ 159pt (BUILDBASE SUZUKI)
6位 ピーター・ヒックマン 126pt (SMITHS RACING BMW)
7位 ダニー・ブッチャン 119pt (FS-3 KAWASAKI)
8位 クリスチャン・イドン 111pt (TYCO BMW)
9位 シェーン・バーン     98pt (BE WISER DUCATI)
10位 ジェイソン・オハローラン94pt (HONDA RACING)


ランキングトップのハスラムは絶対安全権と言えるでしょう。
暫定2位のディクソンも よほどの事がなければ大丈夫でしょうし、問題は暫定5位のブラッドリー・レイ、暫定6位のヒックマン、暫定7位のブッチャン、暫定8位のイドンがシルバーストーンで何ポイント取れるかがキーになってくるでしょう。

何しろシルバーストーンはトリプルヘッダーですので、3レースあります!
結果次第では十分ポイントランキング6位までに食い込める可能性がありますからね・・・
昨日行われたFP1とFP2の結果は以下のとおりです。

BSB第9戦 シルバーストーン FP1リザルト
※画像クリックで拡大します。




BSB第9戦 シルバーストーン FP2リザルト
※画像クリックで拡大します。

先週中止になったMotoGP イギリスGPの舞台もシルバーストーンでしたが、MotoGPの方はグランプリサーキットを使用し、今週行われる BSB第9戦はナショナルサーキットを使用するので、1周が2.639 kmと短いコースレイアウトで行われます。
よって、タイムも均衡しており予選結果が非常に大事になります!
まだFP1とFP2が終わっただけなので何とも言えませんが、本日行われるノックアウト予選とレース1は見る側の我々にとって、非常に面白い展開になることは間違いないと思います!




続いて、昨日行われたMotoGP 第13戦 サンマリノGPの各クラスの初日リザルトは以下のとおりです。


MotoGP 第13戦 サンマリノGP moto3クラス 初日結果
※画像クリックで拡大します。



MotoGP 第13戦 サンマリノGP moto2クラス 初日結果
※画像クリックで拡大します。


MotoGP 第13戦 サンマリノGP MotoGPクラス 初日結果
※画像クリックで拡大します。

MotoGPクラスはドカティワークスの2人が非常に好調ですね!
ミサノが得意なロッシ選手は初日を8番手で終えています。
同じくミサノが得意な中上選手は初日16番手です。
まだまだ初日!2日目から頑張って欲しいものです!

初日を終えてMotoGPクラスの選手から、コメントが出ているので紹介したいと思います。





アンドレア・ドヴィジオーゾのコメント
「テストを実施した時とは、全く異なるコンディションでした。
グリップのレベルが全く違います。
リアタイヤの動きが変なので、フリントタイヤに影響が出ます。
全くテストの時とは違ったので、明日に向けて変更が必要です。

僕たちはスピードがありますが、バイクのフィーリングは良くないです。

ライバルたちのスピードを理解するために検証が必要です。
あまりフィーリングが良くなかったですが、ラップタイムが良かったことが嬉しいです。
全体的にバイクは昨年よりも良いです。」




ホルヘ・ロレンソのコメント
「昨日の雨が影響してトラックはテストを実施した時よりも滑りやすかったので、ラップタイムを出すことが難しかったけど、最後に新品タイヤに履き替えて素晴らしいタイムをマークしました。
日曜に向けてレースペースの仕事に取り組んだので、良いスタートが切れたと思います。
2番手・・・ 大きな満足感があります。

良い仕事ができており、僕たちは好調です。

良いリザルトを獲得しています。
ミサノはお気に入りのトラックの1つです。
ドカティにとって常に難しいトラックでしたが、僕たちのバイクは戦闘力があると考えます。
僕たちの期待度は高いです。
決勝レースが楽しみです。」




バレンティーノ・ロッシのコメント
「今日はトップ10以内に進出することが非常に重要でした。
セッションの最後にタイムが伸びて目標を達成できました。
テストと比べて、バイクの快適さを感じます。
テストの時よりも少し速いですが、幾つか問題があります。
特にブレーキング。
バイクのバランスを改善しなければいけません。

正しいタイヤ選択が難しくなると予想していましたが、トラックはテスト時よりもグリップが低いので選択が難しくなっています。

良いレースをするために、まだやるべき仕事が残っています。」




マーベリック・ビニャーレスのコメント
「周回を重ねて、グリップを理解しました。
僕たちは嬉しい結果ですが、全員が非常に接近しています。
僕たちは良い仕事をしました。
フィーリングはテストと同じです。
もしかしたら、その時より良いかもしれません。
電子制御が良くなったことで、加速が戻って来ました。
他車と比較して、まだ一歩後退していますが僕たちは接近しています。

僕たちはテストで前進しました。

これが重要です。
確実な前進を果たしていなかったら、僕たちは上位に進出していません。
僕自身は1か月前と変わっていませんが、思うように走れるようになりました。
特にフロントが大きく改善されたことで、大きな重圧から解放されました。
操縦性を改良しなければいけませんが、トップ3に進出できると思います。

フォルガーは最高峰クラスでレースをしなければいけないライダーです。

テストライダーではいけないけど、彼は速く、ヤマハ車の経験があるので僕たちにとっては良いニュースです。」

※元Tech3のレギュラーライダーのジョナス・フォルガーがヤマハのテストライダーに就任




マルク・マルケスのコメント
「ものごとが上手く進みました。
そうでないこともありましたが、今日は良い前進を果たしました。
特に午後のプラクティスは良かったです。
ペースがすごく良かったので、嬉しいです。
全員が接近してますね。
特にドゥカティの2人と、ビニャーレス、クラッチローが速いですね。

多くのライダーたちが数週間前にテストを実施しましたが、僕たちのペースは良いです。

彼らには多少のアドバンテージがありましたが、チームは良い仕事をして午後にはドカティのレベルに接近でき、僕たちは挽回しました。
午前にリスクを犯しました。
チームは上手く時間を計算していましたが、僕がミスを犯してしまいタイヤを履き替える時間を失いました。
もしかしたら、ローマ教皇フランシスコが雨が降らないように助けてくれたかもしれません。

正直、昨日のプレスカンファレンスに関して、多くの時間を失いたくないです。

考えたくもありません。
僕はチャンピオンシップに集中しています。
もし、勝ちたければ、あのことで時間を費やすべきではないです。」



既に皆さんご存知だと思いますが、マルケスのコメントに出てきた昨日のプレスカンファレンスですが、マルケスは以前イタリアのTV局のインタビューで「ロッシと仲直りしたい」と語っていました。
今回のプレスカンファレンスで、その事を取り上げられました。
全体の流れを簡単にまとめると以下のとおりです。

ロッシとマルケス 握手拒否会見動画



記者:マルケスは仲直りしたいって言ってるけど、ロッシはマルケスと仲直りしたい?

ロッシ:どうでしょう?あのインタビューは何か変だよね。自分としては今のままで良い。

記者:問題ないならマルケスと握手する?マルケスはどうなの?

マルケス:自分は問題ないよ。(ロッシに手を出す)

ロッシ:(握手せず)

マルケス:まぁ・・・僕らは今こんな感じなんです・・・僕は問題ないんですが・・・

ロッシ:握手する必要は無いですね。今のままで良いんです。


と、このようなやり取りがありました。
この辺の心理攻撃と態度はいかにもロッシらしいと思います。
世代を超えて色んなライバルとトラック上、トラック外でぶつかるロッシはご立派!
相手がビアッジさんなら殴り合いに発展する勢いですね。
マルケスが大人しい性格で良かったですw

最後になりますが、BSB第9戦 シルバーストーンRoundとMotoGP第13戦 サンマリノGPのタイムスケジュールは以下のとおりです。

BSB第9戦 シルバーストーンRound タイムスケジュール

9月8日(
17:35~18:25 スーパーバイククラス FP3
19:45~20:03 スーパーバイククラス Q1
20:10~20:22 スーパーバイククラス Q2
20:29~20:37 スーパーバイククラス Q3
24:15~     スーパーバイククラス レース1

9月9日(
17:30~17:45 スーパーバイククラス WUP
21:30~     スーパーバイククラス レース2
24:30~     スーパーバイククラス レース3


MotoGP第13戦 サンマリノGP タイムスケジュール

9月8日(
16:00~16:40 Moto3 FP3
16:55~17:40 MotoGP FP3
17:55~18:40 Moto2 FP3
19:35~20:15 Moto3 公式予選
20:30~21:00 MotoGP FP4
21:10~21:25 MotoGP Q1
21:35~21:50 MotoGP Q1
22:05~22:50 Moto2 公式予選


9月9日(
15:40~16:00 Moto3 WUP
16:10~16:30 Moto2 WUP
16:40~17:00 MotoGP WUP
18:00~    Moto3 決勝レース
19:20~    Moto2 決勝レース
21:00~    MotoGP 決勝レース




人気ブログランキング

2 件のコメント:

  1. うーん、メディアの冷やかし的な質問もどうかと思う。マルケスも握手するならメディアのいないところでするべき。
    あんな大勢のメディアの前で握手求めてもそりゃロッシも「なんだコイツ」ってなるのでは?と思いましたが。

    仲良しクラブじゃないんだし、いいんじゃないんでしょうか。ギスギスドロドロ大いに結構。

    返信削除
    返信
    1. コメントありがとうございます!
      あの席を利用して、仲良くしようというマルケスの陰謀の気もしますね(笑)
      自分も仲良しこよしより、殴り合うくらいのバチバチな関係が見てて面白いですw
      世界選手権を争っているわけですから、もっと過激になってほしいです(笑)

      削除