2018年8月9日木曜日

MotoGP 第11戦 オーストリアGP タイムスケジュールや各選手のコメント!

このエントリーをはてなブックマークに追加

先週のチェコGPに続いて、MotoGPは8月10日~12日にレッドブル・リングで第11戦 オーストリアGPが開催されます。

moto2クラスでは、ストップ・アンド・ゴー・チームがイサック・ビニャーレスとの間で、パーソナルマネージャーの問題により、双方合意の下、契約を解除することを発表し、アレハンドロ・メディアを最終戦バレンシアGPまで起用することを発表しています。

契約解除となったイサック・ビニャーレスは、フォワード・レーシングからエリック・グラナドの公認として今シーズンの最終戦まで参戦することも発表されました。

MotoGPクラスではドカティ有利と言われているレッドブル・リンクですが、今年はどんなレースになるのでしょうか?

まずはMotoGP 第11戦 オーストリアGPの舞台レッドブル・リンクのコースから紹介したいと思います。




レッドブルリンク 概要

レッドブルリンクは2016年に初開催されたサーキットで、1969年 オーストリアの第2の都市グラーツから北西に約100キロメートルに位置するシュピールベルクの緑美しい丘に建設されたサーキットです。
1971年から1994年まで24年間で22回開催されたザルツブルクリンクに替わり、グランプリを1996年に初開催すると、改修工事を機に名称をA1リンクに改名し、1997年に2度目の開催をしました。

2004年にエナジードリンクで有名なレッドブルがサーキットを買収しますが、2010年に騒音問題などで地元環境保護団体からの反発に遭い、廃墟と化していたサーキットの再建を決定すると、名称をレッドブル・リンクに改称し、2011年に再開業しています。

2014年11月に、レッドブルとドルナスポーツとの間で、2016年の開催に関して合意し、去年のグランプリが開催され、19年振りの開催となりました。

GP復帰1年目である2016年の観客動員数は、3日間で1997年の4.2万人を大きく上回る21.5万人の観客数を記録し、グランプリ・コミッションから2016年のベストグランプリに選出されました。



全長:4.3km
コーナー数:10(左 3 右 7)
コース幅:13m
最大直線:626m

パッシングポイントは、3コーナーと、6コーナーから7コーナーの区間、最終コーナーの10コーナーからホームストレートがパッシングポイントになります。
コースとしては高速コースで、去年はドカティのアンドレア・ドヴィジオーゾが制し、2位にマルク・マルケス、3位にダニ・ペドロサが入りました。
ちなみに、初開催前からドカティ向けのコースで、YAMAHAは不利なコースだと言われています。



MotoGPクラスの選手からブルノテストが終わり、第11戦 オーストリアGPに向けてコメントが出ているので紹介したいと思います。




アンドレア・ドヴィジオーゾのコメント
「素晴らしい優勝を挙げた後で、オーストリアに行けることは嬉しいです。
レッドブルリンクは、お気に入りのトラックなので、ここでも戦闘的になれるはずです。
マルケスをはじめとするライバルたちは昨年よりも強いので、再現することは簡単ではないでしょうが、昨年も簡単ではありませんでしたしね・・・

レッドブルリンクは特殊なトラックですが、ブルノで良く機能したエアロダイナイックスパッケージが効果的に機能することを期待しています。」




ホルヘ・ロレンソのコメント
「僕たちにとって、ワンツーフィニッシュを決めた後でオーストリアに乗り込むことは最高です。
これ以上の舞台はありません。
僕たちのバイクにとって理想的なトラックを選ぶとしたら、オーストリアになるでしょう。
僕たちのバイクにとても良く適応し、激しい加速とハードなブレーキングは、他社と違いを出すことができるので大きな自信があります。

最高のリザルトを獲得するためにモチベーションが高いですが、僕たちが有力候補だと言いたくありません。
天候は変わりやすいので、もしかしたら、それが結果を左右するかもしれません。」





マルク・マルケスのコメント
「幾つかポジティブなことが見つかったブルノでのテストの後、その中の幾つかのことをレッドブルリンクで試して機能するか確認したいです。
ドヴィジオーゾとロレンソが強いトラックですが、もう一度 最終コーナーでの決着となるのか とても楽しみです。

週末の最初から速く走れるように挑みます。
そして、上位争いをしたいです。
6月にトロロッソのF1を走らせた信じられない体験をしたので、今年で2度目の訪問となります。
レッドブル・リンクの前にウィーンに立ち寄って、非常に重要と考える交通安全のイベントに出席します。」




ダニ・ペドロサのコメント
「1日のテストを利用して、ここ数戦で抱えていた問題を解決するためにセットアップの作業をしました。
速く一貫した走りができたので、オーストリアでベースのセットアップが本当に改良できたのかを確認します。
レッドブル・リンクは僕たちにとって要求が厳しいトラックですが、セットアップを確認するには適したトラックです。
ミシュランからリアのスペシャルタイヤが供給されるので、全ての要因が組み合ったときにどうなるか確認します。
天候もカギとなるでしょう。」





アンドレア・イアンノーネのコメント
「オーストリアGPは、良い思い出があります。
最高峰クラスで初優勝を挙げ、まだ当時の思い出に酔いしれているので、ここを訪れることは幸せです。
トラックは高速でナイスなレイアウトです。
本当に走らせることが楽しいので、今年も楽しみたいです。
もしかしたら、ポジティブなリザルトを獲得できるかもしれません。
最終的なポジションがあまり良くなかったレースの後ですが、優勝者からのタイムギャップはそれほど悪くなかったです。
小さなことが違いを生み出すので、ポジティブになり集中しなければいけません。」




アレックス・リンスのコメント
「テストの後でとても良い感じです。
それほどポジティブでなかったレースの後で、本当に挽回できました。
幾つか新しいことを試しました。
週末に収集したデータを比較することができ、新たなことが見つかりました。
オーストリアのサーキットは、お気に入りの1つです。
簡単そうに思われますが上手く解釈するには非常に複雑なので、エキサイティングなチャレンジになるでしょう。」




バレンティーノ・ロッシのコメント
「8月は非常に忙しい月です。
レースの後ブルノでテストがあり、すぐにオーストリアのトラックに行きます。
バイクを改良するために作業を続けます。
オーストリアのトラックは、一度もポジティブだったことがなく、僕たちにとって有利ではありませんでした。
昨年は苦しみましたが、今年のバイクは改良されました。
良い週末となるように、表彰台を争うために挑戦します。
僕たちは最善の努力を尽くします。」




マーベリック・ヴィニャーレスのコメント
「転倒の後ですが、僕は大丈夫です。
チェコは忘れたい週末となってしまったので、オーストリアが待ち切れません。
転倒で身体が少し痛かったので、テストができなかったのは残念です。
今週末に万全の体調に持って行くために、休息をとることを決断しました。
レッドブルリンクで重要となる加速など、幾つか試すことを計画していましたが、テストを実行することはできませんでした。

ここ数戦、タイトル獲得のオプションを得るためには、最低でもチャンピオンシップのトップ3に進出しポイントを獲得し続けなければいけません。
昨年のレースは、僕たちにとって良くなかったので、今年はベターなリザルトを持ち帰りたいです。
そのために懸命に作業をします。」



以上のように各選手コメントを残しています。
最後にMotoGP 第11戦 オーストリアGPのタイムスケジュールは以下の通りです。




MotoGP 第11戦 オーストリアGP タイムスケジュール

8月10日(金)
16:00~16:40 Moto3 FP1
16:55~17:40 MotoGP FP1
17:55~18:40 Moto2 FP1
20:10~20:50 Moto3 FP2
21:05~21:50 MotoGP FP2
22:05~22:50 Moto2 FP2

8月11日(
16:00~16:40 Moto3 FP3
16:55~17:40 MotoGP FP3
17:55~18:40 Moto2 FP3
19:35~20:15 Moto3 公式予選
20:30~21:00 MotoGP FP4
21:10~21:25 MotoGP Q1
21:35~21:50 MotoGP Q1
22:05~22:50 Moto2 公式予選


8月12日(
15:40~16:00 Moto3 WUP
16:10~16:30 Moto2 WUP
16:40~17:00 MotoGP WUP
18:00~    Moto3 決勝レース
19:20~    Moto2 決勝レース
21:00~    MotoGP 決勝レース




人気ブログランキング

0 件のコメント:

コメントを投稿