2018年7月7日土曜日

WSBK 第9戦 ミサノROUNDの初日結果とタイムスケジュールについて

このエントリーをはてなブックマークに追加


7月6日~8日の日程で、WSBK 第9戦 がミサノ・ワールド・サーキットでかいさいされています。

1つ前に書いたBSB第5戦の記事と同様に、7月26日~29日の日程で開催される、鈴鹿8時間耐久レースにWSBKから参戦予定のライダーが今年も多いので、激しい転倒やレースアクシデントが起きないか心配です。

昨日の金曜日はフリープラクティスが行われました。

今日はミサノ・ワールド・サーキットのコース紹介、昨日のフリープラクティスの結果とタイムスケジュールを簡単ではありますが、紹介したいと思います。



ミサノ・ワールド・サーキット コース図

全長:4.226km
コーナー数:16(左6 右10)
ホームストレート:510m

ミサノ・サーキットは1969年に設計されました。
1970年から1972年にかけて建設され、1972年に完成・開業しました。
初期の距離は 3.488 kmで、小さなオープンピットエリアを備えたのみでした。
1985年から87年までにサンマリノグランプリを3通りのレイアウトで開催されており、1993年に初めての改修が行われ距離が4.060 kmに延長されました。
この改修により新しいロングコースと古いショートコースが使用できるようになり、新たな施設およびピットガレージが建設されました。
1993年のイタリアグランプリではディフェンディングチャンピオンのウェイン・レイニーが転倒して背骨を骨折、そのキャリアを終えることとなりました。
1996年から2001年にかけてピットおよびスタンドが増設され、全ての施設がさらに改良されました。
2004年にサーキットへのアクセス道が新設されたが、2003年に事故死した加藤大治郎を追悼して、「加藤大治郎通り」(Viale Daijiro Kato) の名が付けられています。

2006年には再び世界選手権を開催するために大規模な改修が行われました。
サーキットの周回方向は時計回りへと変更され、距離は4.180 kmまで延長され、コース幅も14mに拡張されました。
付帯施設も改良され、全ての安全策がなされました。
最初のMotoGPが開催されたのは2007年で、同サーキットをホームとするドゥカティのケーシー・ストーナーが優勝しています。

2010年に開催されたMoto2クラスのレースでマシンのコントロールを失った富沢 祥也選手が亡くなったサーキットでもあります。



大会初日の金曜日は、SBKクラスがFP1~FP3、SSPクラスがFP1~FP2まで行われています。
初日のリザルトは以下のとおりです。


WSBK 第9戦 ミサノROUND SBKクラス FP1 リザルト
※画像クリックで拡大します。


WSBK 第9戦 ミサノROUND SBKクラス FP2 リザルト
※画像クリックで拡大します。


WSBK 第9戦 ミサノROUND SBKクラス FP3 リザルト
※画像クリックで拡大します。
※路面状況が悪く、メルカドとトレス以外は出走せず


WSBK 第9戦 ミサノROUND SSPクラス FP1 リザルト
※画像クリックで拡大します。


WSBK 第9戦 ミサノROUND SSPクラス FP2 リザルト
※画像クリックで拡大します。



SBKクラスのFP3は路面状況が悪く、コースに出なかった選手がほとんどでした。
実質FP2が初日の結果とも言えるのですが、サヴァトーリがトップタイムを記録しています!
アプリリアファンにとっては喜ばしい結果です!

また、SSPクラスでは相変わらずYZF-R6勢が上位を固めています。
今年になって、ここまでR6と他のマシンとで戦闘力の差が開くとは思っていませんでしたが、シーズンが進んでいってもYZF-R6の強さは健在ですね・・・
我らが日本人ライダーの大久保 光選手ですが、ミサノで苦戦しているようです。
頑張ってここから巻き返して欲しい所です!

最後に、WSBK 第9戦 ミサノROUNDのタイムスケジュールですが、以下のとおりです。


WSBK 第9戦 ミサノROUND タイムスケジュール

7月7日(
15:45~16:05 WorldSBK - FP4
16:15~16:35 WorldSSP - FP3
16:45~17:15 STK1000 - FP3
17:30~17:45 WorldSBK - SP1
17:55~18:10 WorldSBK - SP2
18:30~18:45 WorldSSP300 - SP1
18:55~19:10 WorldSSP300 - SP2
20:00~      WorldSBK - 決勝レース1
21:00~21:15 WorldSSP - SP1
21:25~21:40 WorldSSP - SP2
22:00~22:30 STK1000 - 公式予選


7月8日(
15:50~16:00 WorldSSP300 - WUP
16:10~16:25 WorldSSP - WUP
16:35~16:50 WorldSBK - WUP
17:00~17:15 STK1000 - WUP
18:30~    WorldSSP - 決勝レース
20:00~    WorldSBK - 決勝レース2 
21:20~    WorldSSP300 - 決勝レース
22:15~    STK1000 - 決勝レース


ファンの発言としては失格なのかもしれませんが、ミルウォーキー アプリリア旋風が吹き、決勝レースで優勝!なんて事は起きることは無いでしょうが、もしかしたら表彰台付近まで行けるのではないか!?と思っています。
決勝は一生懸命ミルウォーキーを応援したいと思います!



人気ブログランキング

0 件のコメント:

コメントを投稿