2018年7月10日火曜日

ついにバイクもハイブリッドの時代! ホンダがPCX HYBRIDの発売時期と価格を発表!

このエントリーをはてなブックマークに追加

以前、「ついにバイクもハイブリッドの時代!PCX HYBRIDと電動バイクPCX ELECTRICについて」という記事で紹介した 量産二輪車用として世界初となるハイブリッドシステムを採用した原付二種スクーターのPCX HYBRIDが遂に発売時期と価格が発表されました!

予てより注目を浴びていたモデルのPCX HYBRIDの発売時期ですが 9月14日に発売開始となり、価格は432,000円(税込み)となるようです。

なお、購入にあたり注意すべき点があり、ホンダの発表によるとPCX HYBRIDは受注生産車とのことです。

また、PCX HYBRIDは「Honda 二輪EV取扱店」での取り扱いとなるそうなので、購入を考えている方は注意してください。

ホンダ公式HPより転載




PCX HYBRIDは、2018年4月に発売したPCXをベースに、新たに搭載した高出力型リチウムイオンバッテリーをエネルギー源として、エンジンの始動や発電を担っているACGスターターに駆動アシストの機能を追加。
エンジンへのモーターによるアシストを行うことで、従来の同クラススクーターを超える機敏なスロットルレスポンスや高い動力性能を実現しました。
走行状況やライダーの好みに合わせて、モーターのアシスト力を変更できる2つのモードを設定。
快適な走行と適度なアシストを両立し低燃費に寄与する「Dモード」と、アシストを強めてよりスポーツ性を高めた「Sモード」により、モーターアシスト特性の切り替えを可能としています。

PCXシリーズは、高剛性なダブルクレードル構造のフレームに、耐久性と静粛性、燃費性能に優れたスクーター用グローバルエンジン「eSP(イーエスピー)」を搭載。
全灯火器にLEDを採用し、フロントからリアまで連続的に変化する曲面で構成した“流麗で伸びやか”な外観スタイリングとしています。
また、より便利にエンジン始動ができる「Honda SMART Key システム」の採用など、使い勝手の良い装備などで、幅広い層の方に高い支持を得ています。

PCX HYBRID PV ※インドネシア語?

 



PCX HYBRIDの主な特徴

●量産二輪車用として世界初のハイブリッドシステムを採用
PCX HYBRIDに採用したハイブリッドシステムは、PCXのボディーサイズに納まるコンパクトなシステムとすることで、PCXならではの「高い利便性」と、モーターアシストによる「機敏なスロットルレスポンスと高い動力性能」の両立を実現しています。



●エンジンの始動とアシストは、高出力型の48V系リチウムイオンバッテリーをエネルギー源に、アシスト制御やバッテリー監視機能などを持つ「パワードライブユニット(PDU)」を介し、駆動アシストの機能を追加したACGスターターにより行います。


●ACGスターターによるアシストは、スロットル操作にともなうアシスト開始から、約4秒間作動。
アシストはスロットル開度に合せたセッティングとし、PCXと同等の扱いやすさを維持しながら走行状況に応じた俊敏な加速を可能としています。



●アシストによるトルクの増大で、加速性能の向上とモーターならではの、より機敏なスロットルレスポンスを実現しています。


●走行状況やライダーの好みに合わせて、快適な走行と適度なアシストを両立し低燃費に寄与する「Dモード」と、アシストを強めてよりスポーツ性を高めた「Sモード」の、2つのモーターアシスト特性の切り替えを可能とし、走行シーンに合わせた“走る楽しさ”を提供します。



・Dモード:アシスト力による力強い走りと扱いやすさ、そして低燃費を両立させたモード。
・Sモード:Dモードに対し、スロットルの小・中開度におけるアシスト力を強め、よりスポーツ性を高めたモード。
・アイドリングモード:アイドリングストップを使用しないモード(走行特性はDモードと同じ)。


●高いエネルギー密度のリチウムイオンバッテリーと、バッテリー残量などを管理する「バッテリーマネージメントユニット(BMU)」をリチウムイオンバッテリーパックに収納することにより、コンパクトなバッテリーユニットとしています。
PCXは、容量28Lの収納スペースを確保したラゲッジボックスを採用しているのに対し、PCX HYBRIDはハイブリッドシステムを採用しながらも容量23Lを確保。
手軽に荷物の出し入れが行えるようシートの開閉途中の位置で固定できるストッパー機能を採用しています。



●メーターパネルには、ハイブリッドシステムのさまざまな情報をわかりやすく表示。スピードメーターや時計、平均燃費に加え、モード表示、エンジンへのアシストレベルやリチウムイオンバッテリーへのチャージレベル、リチウムイオンバッテリーの残量計などをディスプレイに表示します。



●アイドリングストップ・システムは、PCXに対し開始までの時間を短縮し、停車時の静粛性や燃費向上に寄与しています。


●Honda SMART Keyシステムは、ポケットなどからキーを取り出さなくてもイグニションのON/OFF、ハンドルロック操作が可能となります。
スクーター本体のウインカーが点滅(アンサーバック)し、自車の位置を知る機能やイモビライザー(電子照合)機能も装備。
また、PCX HYBRIDのキーにはブルーのオーナメントを採用し、より質感を追求しています。



●ハイブリッド車であることが一目で分かる、Hondaの四輪ハイブリッド車と共通デザインのエンブレムが採用されています。



●フレームは軽量化を図りながら操縦安定性を追求したダブルクレードルを採用。
さらにフレームとボディーをつなぐパーツに樹脂製を採用するなど、軽量化も追求。
軽快感あるハンドリングに寄与しています。




●リアサスペンションは、クッションストロークを増加し3段階のバネレートを持つスプリングを採用。
街乗りなどの段差の乗り越えや、郊外へのツーリングなど、様々なシーンにおいて、より快適な走行を追求しました。



●安定感あるワイド化したタイヤと軽量化を追求した14インチ大径ホイールを組み合わせ、低燃費に寄与するとともに、軽快な操縦性を追求しました。
さらに、フロントにはφ220mmディスク+3ポットキャリパーのブレーキを採用しています。



●ブレーキは、左レバー(後輪ブレーキ)を握ると、前輪にもほどよく制動力を配分し、バランスよくブレーキングをサポートするHonda 独自のブレーキシステム「コンビブレーキ」を搭載し、安心感をもたらす走りを可能にしています。
また、PCX HYBRIDには、フロントのみが作動する1チャンネルタイプのABSを装備。
フロントブレーキにはφ220mmのディスク+2ポットキャリパーを採用しています。



●フロントインナーボックスはワンタッチで開閉でき、フロント左側に配置されています。
500mLのペットボトルが収まるサイズで、ボックス内が確認しやすいよう配慮もされており、フロントインナーボックス内には、スマートフォンなどが充電できるアクセサリーソケットが付いています。



●より快適な乗り心地を追求したシートを採用。
PCX HYBRIDは、シートのステッチをブルーとし、シート表皮はブラックとグレーのツートーンとすることで、より上質感を演出しています。



●ヘルメットホルダーを採用し、ラゲッジボックスに収まらないヘルメットにも対応しています。


PCX HYBRID 開発者インタビュー




PCX HYBRID 主要諸元

車名・型式: ホンダ・2AJ-JF84
全長×全幅×全高 (mm): 1,925×745×1,105
軸距 (mm): 1,315
最低地上高 (mm): 137
シート高 (mm): 764
車両重量 (kg): 135
乗車定員 (人): 2
最小回転半径 (m): 1.9

原動機
エンジン型式・種類: JF84E-K96・水冷 4ストローク OHC 単気筒
電動機種類: 交流同期電動機
総排気量 (cm3): 124
内径×行程 (mm): 52.4×57.9
圧縮比: 11.0

最高出力 (kW[PS]/rpm)
エンジン: 9.0[12]/8,500
電動機(モーター): 1.4[1.9]/3,000

最大トルク (N・m[kgf・m]/rpm)
エンジン: 12[1.2]/5,000
電動機(モーター): 4.3[0.44]/3,000

電動機(モーター)定格出力(kW): 0.36

燃料消費率(km/L)
国土交通省届出値 定地燃費値(km/h): 55.0(60)<2名乗車時>
WMTCモード値(クラス): 51.9(クラス1)<1名乗車時>

燃料供給装置形式: 電子式<電子制御燃料噴射装置(PGM-FI)>
始動方式 : セルフ式
点火装置形式 : フルトランジスタ式バッテリー点火
燃料タンク容量 (L): 8.0
主電池種類: リチウムイオン電池
変速機形式: 無段変速式(Vマチック)

タイヤ
前: 100/80-14M/C 48P
後: 120/70-14M/C 55P

ブレーキ形式
前: 油圧式ディスク
後: 機械式リーディング・トレーリング

懸架方式
前: テレスコピック式
後: ユニットスイング式

フレーム形式: ダブルクレードル



販売計画台数(国内・年間)
2,000台

メーカー希望小売価格(消費税8%込み)
価格 :432,000円(消費税抜き本体価格 400,000円)
カラー:パールダークナイトブルー


との事です。
普通のPCXが342,360円に対し、PCX HYBRIDは432,000円と 89,640円ハイブリッドモデルの方が高くなっています。
定地燃費(60km/h)では、普通のPCXが54.6km/L 、 PCX HYBRIDは55.0km/Lとなっており、0.4km/L程PCX HYBRIDの方が燃費が良い計算です。

ガソリン価格を140円と仮定すると、走行距離が35,215km位走ったらハイブリッドモデルの方が得という計算になるのかな?

ぶっちゃげ、燃費なんか ライダーの乗り方で変わるわけだし、燃費を気にするなら、急加速せずにゆっくり安全運転
に気を配るのが財布に一番やさしい気がします。

と、言いつつも 乗れる機会があれば乗りたいと思いますし、ホンダが量産二輪車として世界初となるハイブリッドシステムを採用したバイクですから気にならないわけがありません。

近所に試乗車が用意されたら、是非 乗りに行きたいと思います!
発売が楽しみな1台です。




人気ブログランキング

0 件のコメント:

コメントを投稿