2018年5月9日水曜日

Panigale V4(パニガーレV4)ついに5月26日から国内販売開始!MotoGP観戦チケットも当たるフェアも開催!

このエントリーをはてなブックマークに追加


当ブログでも、昨年6月にスパイショットが出てから追い続けてきた Panigale V4(パニガーレV4)が、5月26日から発売となります。

イタリアのミラノで、昨年11月に開催されたドゥカティ・ワールド・プレミア2018で正式発表されたパニガーレV4は、1299パニガーレの後継モデルとなり、Ducati初の量産車 V4モデルとなります。

既にコアなドカティストの方は予約されていると思いますが、パニガーレV4のスペックや価格を紹介したいと思います。

また、ドゥカティジャパン株式会社はPanigale V4の日本での発売開始を記念して、「Ducati Panigale V4 Debut Fair」を開催します。

フェア内容ですが、期間中にドゥカティジャパンネットワーク店へ行き、アンケートに答えると、MotoGP 第16戦 日本グランプリの「ドゥカティ応援席ペアチケット」を抽選で4組に当たるフェアです。

パニガーレは買えなくとも、アンケートに答えてMotoGP観戦チケットが当たるとの事なので、私は実車拝見がてら アンケートに記入しに行こうと思います!





パニガーレV4 プロモーションビデオ


パニガーレV4 プロモーションビデオ その2



パニガーレV4 モデル別スペック

ホイールベース:1,464mm
シート高:830mm
装備重量:【STD】198kg/【S・Speciale】195kg
燃料:16L

エンジン:デスモセディチストラダーレ90°V4、4バルブ
排気量:1,103cc
ボア×ストローク:81mm×53.5mm
圧縮比:14.0:1
馬力:157.5kw(214PS)/13,000rpm ※Specialeはレーシングキットを組むと 226馬力
トルク:124.0Nm/10,000rpm
エグゾースト:4-2-1-2システム(左右2本出し)
メンテナンス:12,000km/12か月 ※デスモサービス2万4千km

フレーム:アルミニウム”フロントフレーム”
クラッチ:スリッパー&セルフサーボ
メーター:5インチフルカラー液晶
バッテリー:【STD】鉛バッテリー
     :【S・Speciale】リチウムイオンバッテリー

フロントサスペンション:【STD】43mm SHOWA BPFフルアジャスタブル倒立サスペンション
           :【S・Speciale】オーリンズNIX30 43mmフルアジャスタブルフォーク(TiNコート)、オーリンズスマートEC2.0(セミアクティブサス)

リアサスペンション:【STD】ザックス製フルアジャスタブル
         :【S・Speciale】オーリンズTTX36フルアジャスタブルショック、オーリンズスマートEC2.0(セミアクティブサス)


ステアリングダンパー:【STD】ザックス製ステアリングダンパー
          :【S・Speciale】オーリンズ製ステアリングダンパー
スイングアーム:片持ち
キャスター角:24°
トレール量:98mm

フロントブレーキ:330mmセミフローティングダブルディスク
         ブレンボ製M4.30ラジアルマウント4POTモノブロックキャリパー
         ボッシュ製コーナリングABS EVO
リアブレーキ:245mmディスク
       2POTキャリパー
       ボッシュ製コーナリングABS EVO
フロントタイヤ:120/70 ZR17 ディアブロスーパーコルサSP
リアタイヤ:200/60 ZR17 ディアブロスーパーコルサSP
ホイール:【STD】アルミホイール
    :【S】マルケジーニ鍛造アルミホイール
    :【Speciale】マルケジーニレーシングマグネシウム鍛造ホイール



安全装備
ライディングモード
パワーモード
ボッシュ製コーナリングABS EVO
DTC(ドゥカティトラクションコントロール)
DWC(ドゥカティウィリーコントロール)
DSC(ドゥカティスライドコントロール)
EBC(エンジンブレーキコントロール)EVO
オートタイヤキャリブレーション

基本装備
DPL(ドゥカティパワーローンチ)
DQS(ドゥカティクイックシフト)アップダウン(上下方向)EVO
LEDヘッドライト
DRL(デイタイムランニングライト)
クイックアジャストメントボタン
オートオフインジケーター

オプション品
【STD・S】ドゥカティ・データ・アナライザー(Speciale)には付属品に含まれます。
【全てのモデル】ドゥカティ・マルチメディアシステム ※BluetoothでスマホとTFTディスプレイを接続し、新しいSMSメッセージの通知アイコンや着信相手の名前が表示される奴です。

Specialeの特別装備
カーボン前後フェンダー
シリアルナンバー入りトップブリッジ
アルカンターラシート
専用ハンドルグリップ
アジャスタブルステップ
カーボンヒールガード
レース仕様の可倒式ブレーキ、クラッチレバー
ブレーキレバーガード
レース仕様のフューエル・タンク・キャップ
カーボン&チタン製スイングアームカバー

Specialeの付属品
レーシング・スクリーン
ナンバープレート取り外し穴埋めキット
アルミニウム削り出しミラーの穴埋めキャップ
ドゥカティ・データ・アナライザー+GPS(DDA+GPS)
 モーターサイクルカバー
※日本向け仕様にはアクラポビッチ・フルレーシング・チタニウムエグゾーストは付属しません
※タンデムシート、タンデムステップはありません。

Panigale V4


Panigale V4 S



 Panigale V4 Speciale

発売時期
5月26日から

メーカー希望小売価格(税込み)
・Panigale V4 :263万9000円
・Panigale V4 S :328万円
・Panigale V4 S Speciale :455万円
・Panigale V4 S Speciale  :(マグネシウムホイール装着車)/509万円

となっております。


また、来年からのWSBKにパニガーレV4を投入するとドカティは言っていますので、来年には排気量が1000ccの"R バージョン"が発売されると言われています。
1月23日~24日にスペインのヘレスサーキットでテストで行われたWSBKのテストに、1000ccバージョンのパニガーレV4のプロトタイプも参加しました。







今年中にチャズ・デイビスやマルコ・メランドリ、シェーン・バーンもパニガーレV4をテストすると言われています。
各選手権のレギュラーライダー達がどんな感想を述べるか非常に楽しみです!
また、個人的にV4エンジンが好きでRSV4ファクトリーを現在所有しているのですが、パニガーレV4はメッチャ気になります!
今年中に試乗できるイベントやショップを探して、試乗したいです。





人気ブログランキング

0 件のコメント:

コメントを投稿