2018年5月30日水曜日

今週行われる MotoGP第6戦イタリアGPは まるでバイク祭り!

このエントリーをはてなブックマークに追加


6月1日~3日の日程で、MotoGP第6戦 イタリアGPがムジェロ・サーキットで開催されます。

今年もサーキットが黄色の煙幕で覆われる時期が来ました。

ムジェロと言えば、生きる伝説バレンティーノ・ロッシ選手のホームコースで、本人も得意とするサーキットです。

ムジェロの何がスゴイかって言うとやはり、観客です。

グランプリ開催中は、ムジェロ・サーキットはロッシのトレンドカラーの黄色で埋め尽くされます。

イタリア人にとっては、大事な"お祭り"とも言えるイタリアGPのコース紹介とイタリア人ファン達の熱意を紹介したいと思います。




コース紹介

MotoGP第6戦 イタリアGPとなるムジェロ・サーキットは、文化遺産や自然景観に恵まれるトスカーナ地方のフィレンツェから北東へ30kmほどの場所にあります。
丘陵地の美しい森の中に位置する近代的なサーキットで、1988年にフェラーリの所有となり、レース開催に必要な条件に高水準で応えるべく継続的に改修工事を実施しています。
2015年1月には近年の転倒状況を分析し、ランオフエリア拡大と再舗装の改修工事を着手しました。
ムジェロ・サーキットでのグランプリ初開催は1976年で、1991年に大規模な改修工事を実施して以来、毎年イタリアGPの開催地に指定されています。



全長:5.2km
コーナー数:15(左6 右9)
コース幅:14m
ホームストレート:1,141m

ムジェロ・サーキットのコースの特徴は、1km以上を誇るメインストレートが挙げられます。
ピットロード合流付近で緩く左右にカーブしていますが、MotoGPで使われるサーキットの中では2番目に長いストレートで、MotoGPクラスでは最高速度は340km/h以上に達します。
今シーズンのMotoGPでは、レッドブル・リンク、フィリップ・アイランド・サーキットについで3番目に高いアベレージスピードを記録するコースです。

ホームストレート以外は、切り返しのコーナが多く、休む暇がないテクニカルコースです。

第1コーナーの「サン・ドナート」は、80km/h台まで速度を落とすタイトコーナーで、コーナーへ進入する際の急減速で外側に膨らむミスが多く見られます。
スリップストリームを使って追い越しても、1コーナーの減速ミスでイン側から抜き返されるなどの順位変動がよく見られるコーナーです。

2〜3コーナー・4〜5コーナー・6〜7コーナーにかけては、3つの中速S字コーナーが続き、8〜9コーナーの「アラビアータ」は進入が下り勾配になっており、出口が上り勾配のダイナミックな連続右コーナーとなります。
10〜11コーナーのシケインを抜け、高速S字コーナーの「ビオンデッティ」を越えた後に、立ち上がり方が悪いとホームストレートの最高速度に影響する最終コーナー「ブーチネ」が待っています。
レース終盤にはポジション争いの勝負所となります。



さて、ムジェロと言えばメインゲートのヘルメットの形の建物が有名です。
独特な形をしており、他のサーキットとは違う気合を感じさせます。



レースウィークともなると、バレンティーノ・ロッシのトレンドカラーの黄色の煙幕で覆われ、その光景は別府温泉の湯けむりのようです。



イタリア人にとっては、"お祭り"の様な特別なグランプリと言え、ロッシはこの"お祭り""神官"とも言えるでしょう。

コース脇では黄色の旗を掲げ、爆撃のような爆竹が鳴り響き、コース内が見えなくなる程の黄色の煙幕は、まるで浅草寺の常香炉で煙を浴びる日本人と同じ感覚かもしれません。



MotoGPクラスが始まると観客のボルテージは最高潮に達し、コースも黄色の煙幕で覆われます。
視界不良で事故が起きないか毎年ヒヤヒヤします。




日本の神楽では、様々な楽器が用いられますが、ムジェロ祭りでも変わった楽器が用いられます。
バイクのエンジンに直管マフラー(消音器)というよりも、メガホンを付けた謎の神楽器は我々日本人の祭りばやしのように、「MotoGPイタリア・バイク祭り」を盛り上げるに欠かせない神聖な楽器です。



レースウィーク中は、夜中もこの神楽器が爆音で鳴りっぱなしと言いますから、イタリア人のムジェロ祭りに対する情熱は大したものです。
毎年この楽器に注目しているのですが、2016年にこの神楽器は火が吹き出す魔改造が施されていました。



毎年観客の起こす暴動ような応援に目を奪われ、ついついレースよりも観客の人たちに見入ってしまいます。
レース終了後に観客が流れ込んできて、コース場を観客の原チャリが走ってパドックまで行くなんて日本では考えられませんよね。



人間や原チャリなら、まだ可愛いかもしれません。
過去にはコアなドカティファン達が、ドカティの自作スーパーカーでコースに乱入し走り回っていました。(笑)



レースも楽しみですが、イタリア人達の奇行も毎年楽しみにしています。
真面目な話に戻すと、ロッシ以外にロレンソもムジェロを得意としているので、ロレンソの走りにも注目したいと思います。

最後にMotoGP第6戦イタリアGPのタイムスケジュールですが、以下の通りになっています。


MotoGP第6戦イタリアGP タイムスケジュール

6月1日(
16:00~16:40 moto3クラス FP1
16:55~17:40 MotoGPクラス FP1
17:55~18:40 moto2クラス FP1
20:10~20:50 moto3クラス FP2
21:05~21:50 MotoGPクラス FP2
22:05~22:50 moto2クラス FP2


6月2日(
16:00~16:40 moto3クラス FP3
16:55~17:40 MotoGPクラス FP3
17:55~18:40 moto2クラス FP3
19:35~20:15 moto3クラス 公式予選
20:30~21:00 MotoGPクラス FP4
21:10~21:25 MotoGPクラス Q1
21:35~21:50 MotoGPクラス Q2
22:05~22:50 moto2クラス 公式予選


6月3日(
15:40~16:00 moto3クラス WUP
16:10~16:30 moto2クラス WUP
16:40~17:00 MotoGPクラス WUP
18:00~     moto3クラス 決勝レース
19:20~     moto2クラス 決勝レース
21:00~     MotoGPクラス 決勝レース

先週行われたタイヤテストでは、ビニャーレスがトップタイムを記録するもの、ロッシは0.734遅れの8番手でした。
ホームコースとなるムジェロで、祭りの神官ロッシの活躍に期待してます!


人気ブログランキング

0 件のコメント:

コメントを投稿