2018年4月21日土曜日

視聴するのも大忙し!今週末行われる各バイクレース タイムスケジュール!

このエントリーをはてなブックマークに追加


今週行われるバイクレースですが、MotoGP 第3戦 アメリカGPを筆頭に、スーパーバイク世界選手権(WSBK) 第4戦 オランダROUND、アジアロードレース選手権(ARRC) 第2戦 オーストラリアROUND、 全日本ロードレース選手権シリーズ 第2戦 が行われます。

4つの選手権が開催されるということで、視聴する側には非常にハードなスケジュールとなっております。

MotoGP初日を終わって発表されている各選手のコメントと、各選手権のタイムスケジュールをまとめてみましたので、視聴の際にお役立てください。





アンドレア・イアンノーネのコメント(初日総合1番手)
「このサーキットに対して、グッドなフィーリングがあります。
トラックが汚れているので、難しいコンディションですが、全員にとって同じ条件です。
作業の進み方が嬉しいです。
これを継続すること、集中することが重要です。
目標は予選でトップを維持することです。
オーバーテイクは難しいので、フロントからスタートすることが理想です。
後方からの挽回は難しいでしょう。
ポテンシャルを証明することが難しくなってしまいます。
ポジティブな手応えがあり、トップを闘う準備ができており、全てが可能です。」




マルク・マルケスのコメント(FP1 1番手)
「良いペースで走れましたが、ビニャーレスが近いですね。
僕が少しだけ飛び抜けていますが、大きなギャップではありません。
もっと広げたかったのですが、良い感じがあることが嬉しいです。
まだ改良するところが幾つかあります。
今日のベストラップは、ハードタイヤでマークしました。
バイクの少し異なることを試しているところで転んでしまいました。
前のラップより少し手前でブレーキをかけたのですが、少しイン側に位置していて、フロントが閉じてしまいました。
明日は雨の予報なので、全てのタイヤを試しました。
ハッキリしていませんが、良いタイムでした。
明日も今日のような流れで仕事がしたいです。
誰もが路面のギャップが少ないことを期待していましたが、ギャップは沢山あったので、順応することを強いられます。
バンピーなところでは、通常、ヤマハが速いです。
バレンティーノとビニャーレスは上位に進出して来ました。」




マーベリック・ビニャーレスのコメント(FP1 3番手)
「フリー走行2は凄く良く嬉しいです。
走り出しでソフトタイヤを試したときに良い感じがなかったので、最後にソフトタイヤで走らなかったのですが、ソフトタイヤには、良いポテンシャルがあると考えます。
まだ改善の余地があると思っています。
ここまでに訪れた2つのトラックよりも良いスタートです。
明日は、さらに速くなり、もう少しバイクが安定することを期待します。」




バレンティーノ・ロッシのコメント(FP1 2番手、FP2 4番手)
「ポジティブな初日となり、ペースは良いです。
タイヤ、特に最善の選択をするために、リアタイヤの仕事が必要です。
フロント、リア共に2つのオプションがあり、正しい選択をすることが重要となるでしょう。
しっかり試すことが大切ですが、明日は雨が予報されているので、難しくなるでしょうう。
マルケスは他よりも一歩先に行っています。
僕をはじめ、イアンノーネ、リンス、ビニャーレス、ドゥカティ勢はタイムアタックをしたけど、彼はしませんでした。
トラックコンデョションは心配です。
埃がすごく、グリップが足りず、バンピーです。
まるで、ラグナセカのようです。
バックストレートは、まるでランチのようです(笑)
これほど凸凹が多いところは、走り慣れていません。
バックストレートで5速、6速で走行中に大きく振られてしまい、ブレーキングでも振られてしまいます。」

とのコメントです。
MotoGP 第3戦 アメリカGPのタイムスケジュールは以下の通りです。

4月20日 曜日
23:00 ~ 23:40 Moto3クラス FP3
23:55 ~ 00:40 MotoGPクラス FP3

4月21日 曜日
00:55 ~ 01:40 moto2クラス FP3
02:35 ~ 03:15 moto3クラス 公式予選
03:30 ~ 04:00 MotoGPクラス FP4
04:10 ~ 04:25 MotoGPクラス Q1
04:35 ~ 04:50 MotoGPクラス Q2
05:05 ~ 05:50 moto2クラス 公式予選
22:40 ~ 23:00 moto3クラス WUP
23:10 ~ 23:30 moto2クラス WUP
23:40 ~ 00:00 MotoGPクラス WUP

4月22日 月曜日
01:00 ~ moto3クラス 決勝レース
02:20 ~ moto2クラス 決勝レース
04:00 ~ MotoGPクラス 決勝レース





続いて、スーパーバイク世界選手権 第4戦 オランダROUND のサーキット情報と、タイムスケジュールの紹介です。
第4戦 オランダROUNDの舞台は、TTサーキット・アッセンで行われます。



全長:4.542km
コーナー数:18(左6 右12)
メインストレート:300m


SBKクラスは、FP1~FP3までが終了しており、コンバインドリザルトは以下の通りです。
※画像クリックで拡大
ファンデルマークが好調で、トップです!

SSPクラスでは、FP1・FP2までが終了し、コンバインドリザルトは以下の通りになります。
※画像クリックで拡大
クルメナッハーがトップタイム、大久保選手は8番手でSP2進出を決めています。


 スーパーバイク世界選手権 第4戦 オランダROUNDのタイムスケジュールは以下の通りです。

曜日
15:45~16:05 WorldSBK - FP4
16:15~16:35 WorldSSP - FP3
16:45~17:15 STK1000 - FP3
17:30~17:45 WorldSBK - SP1
17:55~18:10 WorldSBK - SP2
18:30~18:45 WorldSSP300 - SP1
18:55~19:10 WorldSSP300 - SP2
20:00~    WorldSBK - レース1
21:00~21:15 WorldSSP - SP1
21:25~21:40 WorldSSP - SP2
22:00~22:30 STK1000 - QP

曜日
15:50~16:00 WorldSSP300 - WUP
16:10~16:25 WorldSSP - WUP
16:35~16:50 WorldSBK - WUP
17:00~17:15 STK1000 - WUP
18:30~    WorldSSP - レース
20:00~    WorldSBK - レース2
21:20~    WorldSSP300 - レース
22:15~    STK1000 - レース





続いて、アジアロードレース選手権(ARRC) 第2戦 オーストラリアROUNDについてです。
伊藤 勇樹選手が絶好調です!!期待しましょう!!
 ARRC 第2戦 オーストラリアROUNDは、ベンド・モーター スポーツパークで開催されます。
もともと、三菱自動車オーストラリアのテストコースで2015年2月に再開発計画が発表され、同年5月に承認されました。
翌年の2016年3月に建設が開始されたサーキットで、できたてホヤホヤのサーキットです。

コースは、GTサーキット(全長7.7km) 国際サーキット(全長4.9km) ウエストサーキット(3.4km) イーストサーキット(3.9km)と4種類のコースレイアウトが可能です。
MotoGP オーストラリア Roundを開催したい希望があり、図を見た限り結構テクニカルなコースレイアウトなので、バイクレースファン必見の舞台となります!

アジアロードレース選手権(ARRC) 第2戦 オーストラリアROUND タイムスケジュール

曜日
07:30 – 07:50 (20min) Supersport 300 ASBK Qualifying 2
08:00 – 08:30 (30min) Kawasaki Supersport ASBK Qualifying 2
08:40 – 09:10 (30min) Yamaha Motor Insurance Superbike ASBK Qualifying 2
09:20 – 09:30 (10min) UB150 ARRC Warm Up
09:40 – 09:50 (10min) AP250 ARRC Warm Up
10:00 – 10:15 (15min) SS600 ARRC Warm Up
10:25 Supersport 300 ASBK Race 1 – 7 Laps
10:55 Kawasaki Supersport ASBK Race 1 – 8 Laps
11:35 Yamaha Motor Insurance Superbike ASBK Race 1 – 10 Laps
12:20 – 12:55 (35min) Break
12:55 UB150 ARRC Race 1 – 7 Laps
13:50 AP250 ARRC Race 1 – 9 Laps
14:45 SS600 ARRC Race 1 – 15 Laps
15:45 Supersport 300 ASBK Race 2 – 7 Laps

曜日
07:20 – 07:30 (10min) UB150 ARRC Warm Up
07:40 – 07:50 (10min) AP250 ARRC Warm Up
08:00 – 08:15 (15min) SS600 ARRC Warm Up
08:25 Kawasaki Supersport ASBK Race 2 – 8 Laps
09:05 Yamaha Motor Insurance Superbike ASBK Race 2 – 10 Laps
09:50 – 10:35 (45min) Break & Activities
10:35 Supersport 300 ASBK Race 3 – 7 Laps
11:00 Kawasaki Supersport ASBK Race 3 – 8 Laps
11:40 Yamaha Motor Insurance Superbike ASBK Race 3 – 10 Laps
12:55 UB150 ARRC Race 2 – 7 Laps
13:50 AP250 ARRC Race 2 – 9 Laps
14:45 SS600 ARRC Race 2 – 15 Laps





最後に、JSB1000のみ2レース開催される、全日本ロードレース選手権シリーズ 第2戦(NGKスパークプラグ 鈴鹿2&4レース)のタイムスケジュールです。
開催場所が、皆さんお馴染みの鈴鹿なので省略させていただきます。

全日本ロードレース選手権シリーズ 第2戦 タイムスケジュール

曜日
8:40~9:10 【JSB1000】予選 A Gr
9:25~9:55 【JSB1000】予選 B Gr
14:45~    【JSB1000】Race1決勝(18Laps)

曜日
8:00~8:15 【JSB1000】フリー走行
10:55~   【JSB1000】Race2決勝(18Laps)

となっております。
全てのレースを視聴するのには、中々ハードなスケジュールですね・・・・
私は4月いっぱいは仕事が繁盛期なので視聴できそうにありません・・・
視聴される方は、視聴の際の参考にしてください!





人気ブログランキング

0 件のコメント:

コメントを投稿