2018年4月16日月曜日

ザルコ遂に韓国人にヘルメットデザインを抗議される!!

このエントリーをはてなブックマークに追加

普段なら昨日行われたWSBKとBSBのリザルト記事を書くのですが、仕事が忙しくレースをまだ見てない関係もあり後日書きたいと思います。


タイトル通りです。

いつかこんな日が来ると思っていました!!

我々バイクレースファンからすると、「125ccの頃から"ライジングサン"のデザインなのに今頃かよ!?」と思えるニュースですが、ザルコがライジングサンのデザインを使用する理由を交えて紹介したいと思います。

今年のMotoGP開幕後に、韓国人がヨハン・ザルコに「ヘルメットに描かれた模様は戦犯だ! 植民地支配の歴史の象徴で、ナチスのハーケンクロイツと同じだ!」というメールを送り、ザルコは抗議を受けました。



そして、4月15日に、韓国のニュースサイト"Insight"に「レースに対する韓国人からの批判」と題し、MotoGPの商標権を所持する"ドルナ"に抗議文を送ったネットユーザーを紹介する記事が掲載されました。

メールを送った韓国人は、「MotoGP公式サイトに抗議する連絡先が見つからなかった。」と言う理由で、"ドルナ"にメールを送ったそうです。(笑)

メールを送った韓国人の方は
「実際に私の意見が反映されるかは解りません。MotoGPの影響力は大きいです。旭日旗を撤廃することに役立ったら良いと思います。」
とコメントしています。


ちなみに、ヨハン・ザルコが何故あのデザインなのかは、過去にDUNLOPのHPに掲載されたスペシャルインタビューで答えており、インタビュアーの質問とザルコの回答を紹介したいと思います。


Q:ヘルメットにライジングサンのデザインが入っていますね。

A:「僕のコーチは1992年にGPのメカニックをしていたんだ。
で、彼から日本人ライダーのことを聞いた。
あの頃、坂田、上田、若井がGPにやってきて、彼らはすごく強かった。
マネージャーから彼らのストーリーをいろいろ聞いていたんだ。
それで、彼ら日本人ライダーへ尊敬を表して、ライジングサンのデザインをヘルメットにつけた。
すごく気に入っているんだ。
上田の時代を思い出すね。
ライジングサンのデザインは、戦争の悪いイメージがあるという人もいるけど、それとは意味が違うんだ。

と、答えています。



ザルコの代名詞とも言える"ライジングサン"が無くなったら、寂しい限りです!



ヘルメットは勿論、サインボードからも"ライジングサン"は消えてしまうのでしょうか!?

また、全日本ロードレース選手権を走る 津田 拓也 選手も韓国人の餌食になるかもしれませんね・・・
日本人だから尚更かも・・・



と、いうか1997年の鈴鹿でロッシも旭日旗ヘルメット被ってたのですが、ロッシは良いのでしょうか?
今やロッシの人気は絶大で、影響力ありますよ!?



人気ライダーのロレンソだって、被ってますよ?

250ccの頃のペドロサのヘルメットだって、"ライジングサン"がモチーフです。



もうなんか、この手の韓国人によるクレームはキリがありませんね・・・・
付き合うのも面倒くさいです。

元気のイイ Youtuberの方がザルコのレプリカヘルメットで韓国をツーリングしたらどうなるんでしょうね?
そんな動画あったら見て見たいです(笑)

冗談はこの辺にして、ザルコのヘルメットのデザインが今回の件で変わってしまうなら凄く悲しいです。





人気ブログランキング

7 件のコメント:

  1. あれは太陽をイメージしているので、来年から全戦夜間のレースに変更するしかないですね(笑)





    返信削除
    返信
    1. コメントありがとうございます。
      夜間というとカタールだけ(笑)

      削除
  2. そのうちバイクの起源は韓国だ!って言い出しますかね(笑)

    返信削除
    返信
    1. コメントありがとうございます。
      もう言ってるかもしれませんね(笑)

      削除
  3. いつぞや、サッカーでこの件が話題になってた時、もてぎでザルコが違うデザインのメット被ってた時は残念でした。ソレが原因かどうかはわかりませんが。

    返信削除
    返信
    1. このコメントは投稿者によって削除されました。

      削除
    2. コメントありがとうございます。
      もし、サッカーの件が影響して、もてぎで違うデザインを被っていたとしたら、あのデザインを変更するかもしれませんね・・・・
      けど、カタールGPの後に抗議されたみたいですし、アルゼンチンではあのデザインでしたから大丈夫だと思うのですが・・・

      削除