2018年3月24日土曜日

ダイジェスト動画(長め)あり! WSBK 第2戦 タイラウンド 2日目

このエントリーをはてなブックマークに追加


WSBK 第2戦 タイラウンドがチャーン・インターナショナル サーキットで開催されています。

今日はSBKクラス レース1とSSPクラスの予選が行われました。

SSPクラスはケナン・ソフォーグルが欠場し、アズラン・シャー・カマルザマンがKawasaki Puccetti Racing Teamから参戦しています。

また、Yamaha Thailand Racing Teamから、ラタポン・ウィライロー 、デチャ・クライサート、Kawasaki Thailand Racing Teamから、ティティポン・ワロコーンがスポット参戦しています。

簡単ではありますが、WSBK 第2戦 2日目のリザルトとSBKクラス レース1のダイジェスト動画(長め)を紹介したいと思います。



WSSPの予選結果は以下の通りです。

SSPクラス SP1リザルト ※画像クリックで拡大します。

SSPクラス SP2リザルト ※画像クリックで拡大します。
SP1で、スポット参戦の地元ライダー ラタポン・ウィライローと、カイル・スミスがSP2へ進出しました。
開幕からYAMAHA勢の速さが目につきましたが、第2戦でも開幕戦の様にYZF-R6は相変わらず速く、
1位~5位までが全部R6です!!

今年になって、ここまで戦闘力に差ができるとは思いませんでした。
ライダーから「R6でないと勝てない」と言われるのも時間の問題な気がします。
2位にジュール・クルーセルが入っており、一昨年までアグスタF3で鋭い走りを見せてくれていましたが、去年はCBR600RRでサッパリでした。
今年ヤマハのR6を駆る訳ですが、やはりクルーセルはマシンが速いと上位に入ってきますね!

明日の決勝でもR6が上位を独占するのでしょうか!?



WSBKのレース1ダイジェスト動画(16分)


SBKクラス レース1 リザルト ※画像クリックで拡大します。



チャーン・インターナショナル サーキットが得意で、サーキットレコードを保有しているばかりか、2位以下を獲った事の無い ジョナサン・レイが圧倒的な速さで、横綱相撲を見せつけました!

レイのレース展開は文句の付け所も無く素晴らしかったのですが、序盤から先頭集団を走り、一時は2位を走ったホンダのレオン・キャミアの走りも素晴らしかったです!

満を持してフルモデルチェンジしたのに、結果がついて来ず昨年まで苦戦の目立ったCBR1000RR(SC77)ですが、一体何があったのでしょうか!?
去年とは見違える走りでした!!
路面温度が42度で終盤は、タイヤが厳しくなってしまい順位を落としましたが、明日のレース2も期待が持てそうです。

明日は、WSSP決勝、WSBKレース2が行われます。
タイムスケジュールは以下の通りです。

3月25日(
13:00~13:15 WorldSSP - WUP
13:30~13:45 WorldSBK - WUP
16:30~    WorldSSP - レース
18:00~    WorldSBK - レース2


明日は仕事が忙しくて、見れそうもないのが残念です(泣)
明日もレイが勝ち、ダブルウィンを飾るのでしょうか!?(多分勝つと思います・・・)
それとも、誰かがレイの勝利を妨げるのか!?
乞うご期待!!




0 件のコメント:

コメントを投稿