2018年3月27日火曜日

2018年シーズン BSB(ブリティッシュスーパーバイク選手権)エントリーライダーとチームとマシン一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加


2018年のBSB(British superbike)のエントリーチームとライダーが出そろいましたので紹介したいと思います。

2017年は最終戦でまさかの大逆転タイトルというドラマが繰り広げられました!

残念なことに、ジョン・ホプキンスは昨年ブランズ・ハッチで負った椎骨骨折と両膝の骨折の為、今シーズンは走りません。

今シーズンも見たかったなぁ・・・

果たして、2018年はどんなドラマが待ち受けているのでしょうか!?

BSBの開幕戦は3月31日~4月2日の日程で、ドニントンパークで行われます!


チーム名:BE WISER DUCATI

ライダー

#67:シェーン・バーン
シェイキーことシェーンバーンは、2017年に最終戦に大逆転でタイトル獲得という快挙を成し遂げました。
現在、1976年生まれの41才。

ロードレースは1998年から現在までの18年間参戦している大ベテラン。
MotoGPでは2004~2005年、WSBKでは2009~2010年に活躍しています。
んでもって、BSBでは6度の総合優勝を決めているBSBエントリーライダーで最年長にして"絶対王者"です。




#2:グレン・アーウィン
シェイキーのチームメイト、グレン・アーウィンは一昨年BSBに昇格した28才。
2017年は公道レースマカオグランプリにも出場しました。




チーム名:JG SPEEDFIT KAWASAKI

ライダー

#91:レオン・ハスラム
2017年シーズンBSB第4ラウンドノックヒルのシケイン立ち上がりでハイサイドによる転倒で、椎骨にヒビが入ったもの、12日後のBSB第5戦スネッタートンで復帰するという鉄人っぷりを見せてくれたハスラム。
その鉄人っぷりで、鈴鹿8耐で驚異の5スティントを走りカワサキ・チームグリーンを2位にした立役者!
去年のBSBでは、最終戦に王者シェイキーに逆転タイトルを奪われるも、速さと強靭な肉体と根性を兼ね備えるスーパーライダー!
ロケットロンこと、ロン・ハスラムの息子。
今年の鈴鹿8耐には、ジョナサン・レイと渡辺 一馬とチームを組み、優勝を狙います!



#12:ルーク・モーシー
昨年は総合9位に終わったルーク・モーシーはニックネームはスカイウォーカー
2008年にMotogpのGP250クラスに参戦。
現在25歳




チーム名:HONDA RACING

ライダー

#22:ジェイソン・オハローラン
オハローランはオーストラリア人
オーストラリアの国内選手権やAMAのスーパーストックを経てBSBに参戦中。
去年はショウダウンへ進出するも、マシンの戦闘力と安定性がイマイチでタイトル争いへ今一つ届かず・・・今年は雪辱なるか!?
ニックネームは "オー・ショウ" 趣味はモトクロスとサイクリング



#4:ダン・リンフット
過去にMotoGPのGP250でアプリリアのマシンで走ってました。
趣味は自転車とか2輪のものなら何でも大好きというリンフット
BSBは2010年から走っています。
ニックネームは"リンニー"




チーム名:TYCO BMW

ライダー

#24:クリスチャン・イドン
クリスチャン・イドンはWSSからWSBKへ昇格した後、2015年からBSBを走っています。
昨年もTYCO BMWから参戦し、年間ランキング7位で昨シーズンを終えています。
今年こそ ショウダウン進出なるか!?
ニックネームは"イド"です。


#7:マイケル・ラバティ
去年 MCAMS YAMAHAから参戦したユージン・ラヴァティの兄 マイケル・ラバティは今年はTYCO BMWからの参戦となります。
趣味はサイクリング。
去年はいい所が無かったマイケルですが、名門TYCOのバイクで何処まで上がってこれるかが見ものです!



チーム名:ANVIL HIRE TAG YAMAHA

ライダー

#11:ジェームス・エリソン
昨年は総合8位で終わるも、2005年・2012年はMotoGPを走り、2013年からBSBに復帰。
2015年・2016年シーズンのBSBでは総合3位を獲得し、速いし手堅いライダー。
BSBには外せない役者
趣味はモトクロス・マウンテンバイク・ジョギング・スイミング



#8:ショーン・ウィンフィールド
昨年に続きANVIL HIRE TAG YAMAHAより参戦。
小排気量から順当にステップアップしてきたライダーでイギリスの国内選手権は10年目
そろそろ陽の目が当たってもいい頃。
スワドリンコート出身の25歳 ニックネームは"ムンク"



チーム名:BUILDBASE SUZUKI

ライダー

#28:ブラッドリー・レイ
清成 龍一 選手がBMW S1000RRを駆ったビルドベースから参戦2年目の、21歳となる期待のヤングライダー。
昨年は新型になり熟成の進んでないGSX-R1000で手堅くポイントを稼ぎ、何気にスズキのお膝元 BENNETTS SUZUKI よりもコースによっては速さを見せつけ、昨シーズンは良い意味で裏切られた感じ。
そのせいか今年のビルドベースは、トレンドカラーの赤を捨て、スズキっぽい青にカラー変更。
シーズン序盤はマシントラブルもあったので2年目に期待。
ニックネームは"ミルキー バー キッド"



#47:リチャード・クーパー
ビルドベースとは縁の深いライダーで、かつては清成 龍一 選手のチームメイトのノッティンガム出身の34歳。
ニックネームは"クーパーマン"



チーム名:SMITHS RACING BMW

ライダー

#60:ピーター・ヒックマン
BSBの最高峰クラスでは10年目となる30歳のベテランライダー
昨年は鋭い走りで上位へ食い込みショウダウンへ見事進出し、総合4位でシーズンを終える。
趣味はバトミントン・スカッシュ・サイクリング・スイミング
ニックネームは"ヒッキー"



#20:シルバン・バリエ
スーパーストック1000のダブルチャンピオンで、2014年にBMW Motorrad Italia teamからWSBKへ参戦。
2014年に交通事故に遭い、一時は昏睡状態に陥るが見事復活!
昨シーズンはMoto Americaに参戦し、今年はBSBを走る29歳のライダー。
ジェームス・トスランドとは親友。




チーム名:RAF REGULAR AND RESERVES KAWASAKI

ライダー

#27:ジェイク・ディクソン
スポンサーにイギリス空軍が付いているRAF REGULAR AND RESERVES KAWASAKI
ディクソンの胸には「ロイヤル エア フォース」の文字が表示されている。
昨年はショウダウンへ進出するも、総合6位でシーズンを終える。
瞬発的な速さを備えるキレのあるライダーでBSB最高峰クラスは今シーズンで3年目。



チーム名:CF MOTORSPORT YAMAHA

ライダー

#77:カイル・ライド
昨年までWSSPで活躍していたカイル・ライドだが、所属していたカワサキ・プセッティチームから、残り2戦を残して解雇を言い渡される・・・
今シーズンはBSBへ舞台を移し1000ccのバイクへステップアップ。
去年の悔しさをバネにして1000ccのバイクで活躍して欲しいところ!
頑張れ!カイル!!




チーム名:OMG RACING SUZUKI

ライダー

#44:ジノ・レイ
moto2、WSSPを経て今シーズンはBSBで1000ccのマシンを駆る。
カイル・ライドと同じようにWSSPからの移籍という事で比べられることは必須。
若かったジノ・レイも28歳。
趣味はフィットネス・トレーニングと2輪車ならば何でも好き。




チーム名:FS-3 KAWASAKI

ライダー

#83:ダニー・ブッチャン
昨年のBSBスーパーストック1000のチャンピオン
ステップアップしたスーパーバイクで何処まで良い正式を残せるかが見もの!

チーム名:MCAMS YAMAHA

ライダー

#25:ジョシュ・ブルックス
BSBの名役者ブルックスは、15年にモデルチェンジしたばかりのR1でBSB王者に輝きました。

2016はWSBKに参戦し、鈴鹿8耐も走りました。
ニックネームは「ブルックーシー」で、趣味はサイクリング・ジェットスキー・ウェイクボード・モトクロスです。
そんなことよりも、何故か今年になって生やしているチャップリンみたいなヒゲが気になってしょうがありません(笑)



#95:タラン・マッケンジー
2017年にキーファレーシングからmoto2を走りました。
父がニール・マッケンジーで、兄がテイラー・マッケンジーです。
好きなライダーは、バレンティーノ・ロッシとダニ・ペドロサ

チーム名:MOTO RAPIDO DUCATI


ライダー
 
#24:テイラー・マッケンジー
ニール・マッケンジーの息子で、タラン・マッケンジーの兄。
昨年はギュントーリのチームメイトで、ベネッツ スズキからGSX-R1000で参戦していましたが、今年は昨年ブランズ・ハッチで負傷したジョン・ホプキンスの代わりにMOTO RAPIDO DUCATIからの参戦




チーム名:AARON ZANOTTI RACING KAWASAKI


ライダー

#64:アーロン・ザノッティ
ザノッティは今年でレース活動21年目Aprillia Superteen Challengeからレース活動を始め、イギリス国内のレース以外ではAMAを経験済み。

世界選手権はフル参戦したことはありません。


チーム名:TEAM WD-40 KAWASAKI

ライダー

#55:メイソン・ロウ
昨年はNational Superstock 1000へ出場し、年間ランキング6位でした。


チーム名:GEARLINK KAWASAKI

ライダー

#32:カール・フィリップス
昨年は、National Superstock 600 Championshipへ出場。
北アイルランド出身で、マイケル・ダンロップ・レーシングからレースへ参戦した経歴があります。

チーム名:MOVUNO.COM HALSALL RACING SUZUKI

ライダー

#46:トミー・ブライドウェル
BSBでは大ベテラン。
世界選手権を走ったことは無いけれど、2009年からBSBスーパーバイク クラスを走り続けています。




チーム名:PR RACING LLOYD & JONES BOWKER MOTORRAD BMW


ライダー

#96:ヤクブ・スモルツ
チェコ出身で、ランニングとバトミントンが趣味。
MotogpのGP125→GP250→WSBK→BSBと走っています。

1997年からレースをしている。
もうすぐ36歳大ベテランです。


チーム名:RIDERSMOTORCYCLES BMW

ライダー

#40:マーティン・ジェソップ
99年からレースに出てるベテラン。

世界選手権はWSS600を2012年に走っています。


チーム名:SILICONE ENGINEERING RACING KAWASAKI

ライダー

#5:デーン・ハリソン
マカオGPやノース・ウエスト200、マン島TT等、公道レースのスペシャリスト



0 件のコメント:

コメントを投稿