2017年10月20日金曜日

アプリリア絶好調!?アレイシのコメントに突っ込みどころ満載!motogp第16戦オーストラリアGP初日

このエントリーをはてなブックマークに追加

先週行われた日本GPから3週連続開催となるMotogpですが、今週はオーストラリアのフィリップ・アイランド・サーキットで行われます。

明日から仕事の都合で月曜までレースも見れないし、ブログを更新できないのが心寂しいです。

個人的にフィリップアイランドは、すぐ隣に海があり、景観がとても綺麗なので、世界中のサーキットの中で一番好きです。

アプリリアのバイクが好きで、現在アプリリアのバイクに乗っているのですが、本日行われたオーストラリアGP 1日目でアプリリアのアレイシ・エスパルガロが初日総合1位となる結果を残していて、珍しく好調です!

さらに、中上貴晶 選手もmoto2クラス総合1番手となっています。

そんなフィリップアイランドを観戦できないのが本当に残念ですが、後日ネットで観戦したいと思います。

さて、フィリップアイランドではmoto3クラスのジョアン・ミルが今シーズンのタイトル獲得の可能性があります。

タイトル獲得の条件ですが、数パターンあります。
一番解りやすい条件が「ミルが優勝か2位でレースを終える」です。
その他の条件は、以下の通りです。

3位の場合、フェナティが2位以下
4位、5位の場合、フェナティが3位以下
6位、7位、8位の場合、フェナティが4位以下
9位、10位の場合、フェナティが5位以下
11位の場合、フェナティが6位以下
12位の場合、フェナティが7位以下
13位の場合、フェナティが8位以下
14位の場合、フェナティが9位以下
15位の場合、フェナティが10位以下
0ポイントの場合、フェナティが11位以下

となっております。
ミルのタイトルが掛かったフィリップアイランドのコース紹介に移りたいと思います。


オーストラリア・ビクトリア州のウェスタンポート湾の入り口に浮かぶフィリップ島では、1920年頃から公道を利用した四輪レースが行われ、1931年に初めて二輪レースが開催されました。
1956年にレーストラックを建設し、1970年後半から1980年前半に渡ってサーキットが放置されましたが、1985年に500万豪ドルを投じた改修工事を実施しました。

1989年に初のオーストラリア・グランプリがフィリップアイランド・グランプリ・サーキットで開催。
1991年からの6年間はオーストラリア最大の都市シドニーに位置するイースタン・クリーク・レースウェイで開催されるのですが、その後1997年に7年振りに復帰すると、開催日程に定着しました。
2004年に、サーキットの所有者であるリンフォックス・プロパティ社が300万豪ドルを投資して安全面の改修工事を実施しています。

海に近い立地上、風が強いが、高速で流れるようなレイアウトは、ライダーたちから人気が高く、毎年スペクタクルなバトルが展開されます。

2016年4月、ビクトリア州政府とドルナスポーツとの間で、MotoGP™世界選手権を2026年まで、また、スーパーバイク世界選手権を2027年まで開催することに関して合意しています。



全長 4.4km
コーナー数 12 
(右コーナー 5 左コーナー 7)
コース幅 13m
ホームストレート 900m

パッシングポイントはホームストレートから1コーナーの区間、4コーナー、7コーナーから8コーナーの高速切り返し区間、下りとなる10コーナーです。

Motogpクラスのポイントランキングは首位のマルク・マルケスと2位のアンドレア・ドヴィジオーゾの差は11pt差となっていますが、今回マルケスとドヴィジオーゾから面白いコメントが出ています。



マルク・マルケスのコメント
「良いセットアップのベースから始めることができ、直ぐにバイクの快適さを感じられたことが嬉しいです。
僕たちのペースは速く、明日は特に高速コーナーでの安定感を改良するためにセットアップの仕事を続けます。
ソフトコンパウンドで多くの周回を重ねていません。
ドゥカティはソフトでフリープラクティスを進めているから、少なくても僕たちもトライし、評価しなければいけないでしょう。
全ては温度次第となるだろうね。

僕としては、ドヴィジオーゾと2人だけで闘いたいです。

もし、2人だけの対決で負けても失うポイントは少なくて済みます。
ですが、目標は彼の前でフィニッシュすることです。

ビニャーレスは全てのセッションで上位に進出し、決勝レースでは優勝争いをするでしょうね。
アレイシはグレートな1ラップだったけど、レースペースを確認しないといけませんね。
タイヤの消耗をコントロールし、異なる走行ラインを探さなければいけないけど、僕は自分の問題に集中し、ペースを追求しながら、もう一歩前進しなければいけませんね。」

せっかくアレイシが初日総合トップになったのにマルケスにダメ出しされています(笑)





アンドレア・ドヴィジオーゾのコメント
「速く走れることは期待していたけど、期待した以上に少し良かったです。
初日を良い方向でスタートできたので嬉しいです。
最初のコースインからバイクの良い感触がありました。
自分のバイクの良いフィーリングを確認したけど、マルクは予想通りに速いから、彼に競り勝つには、それだけでは十分ではありません。
彼はレースタイヤの確認をしていますね。
それほど離されていないので、僕たちは良い方向に進んでいると思います。

ドゥカティ勢が上位に進出していないことは重要ではありません。
重要なのは僕のフィーリングです。
このトラックは特殊ですから、ここでマルクに接近していることはポジティブです。

グループでの争いよりも、マルクとの一騎打ちの方が良いです。
作戦を企てることが簡単で、後はスピード次第ですね。
2人の間に多くのライダーが割り込んで負けてしまえば、最悪です。
目標はポイント差を可能な限りに詰めることだけど、僕は現実主義者です。
マルケスはフィリップアイランドで速い!

お互いに一騎打ちを望んでいますね。
ドヴィのコメントからすると、「マルケスがフィリップで速いのは解り切っているから、なるべく離されないように努める」と言ったところでしょうか?

最後に初日総合1位を獲得したアレイシ・エスパルガロのコメントが面白かったので載せておきます。



僕のキャリアの中で、これほど仕事に取り組んだことは今までになかったです。
フィジカル面だけでなく、メンタル面もです。
アプリリアのプロジェクトに大きな期待があり、僕は全力を尽くしています。
アプリリアはスズキではないけど、僕たちは懸命に働いています。
成功の鍵は、一緒に働いていることです。
同じ方向に向かって仕事を積み重ね、僕とRS-GPは、走る度に理解し合っています。
限界を追求しているけど、シーズン序盤は厳しかったです。
アルゼンチンではドヴィジオーゾと一緒に転んだときは6番手でした。
ルマンとバルセロナではエンジンが壊れたときは6番手と5番手でした。
エンジンの問題があったけど、僕たちは良いシーズンを送っています。

当初、2日目にエンジンを変更する予定でしたが、バイクはまるでmoto2マシンのようでしたから、エンジンを交換することを決断しました。
今シーズンは、エンジンの問題に苦しんだけど、原因が解りました。
来季は同じことを繰り返さないでしょう。

正直、予選はどうでもいいです。
もし、グッドなラップができれば、もしかしたら、1列目を獲得できるかもしれません。
シーズンが終わる前に表彰台を獲得したいです。
非常に難しいですが、もう少しバイクが良くなれば達成できると思います。
マレーシアでは、戦闘力が高い最新のエンジンが投入されます。
僕はセパンで速いから、大きな期待感があります。

午前のセッションで、2タイプのフェアリングを試しました。
スタンダードは敏捷性が高く、改良型は安定性があるけど、方向転換が厳しいです。
両腕に負担がかかるけど、ストレートでウィリーせず、挙動が少ないです。
タイムアタックでは、スタンダードを使用するかもしれないけど、安定性を考えると、決勝レースでは改良型を使用することになるでしょう。」

もう突っ込みどころ満載ですね!

「僕のキャリアの中で、これほど仕事に取り組んだことは今までになかったです。
フィジカル面だけでなく、メンタル面もです。」

って取り組もうよ・・・バイクに乗って飯食ってるわけだからさぁ・・・
仕事は真面目に取り組まないとダメでしょ!

「アプリリアはスズキではないけど、僕たちは懸命に働いています。
成功の鍵は、一緒に働いていることです。」

↑もう何言ってるか訳わかりませんね。
アプリリアがスズキじゃないのは当たり前だし、レースなんだし、チーム一丸となって一緒に働くのも当たり前じゃないですか・・・
去年までスズキにいたから「アプリリアはスズキではないけど、僕たちは懸命に働いています。」っていうコメントも何となくニュアンスは伝わりますが・・・

けどまぁ、アプリリアのバイクに乗ってる私が言うのも何ですが、アプリリアがイタリアのスズキって感じがするのは間違いないですね・・・
独特な構造や、たまに変なバイク出して来たり、RSV4がヒットしたと思ったら(それ程 売れてないけど)アプリリアの、ほとんどの車種にカウルをデザインを流用するし・・・
RS4 125(125cc)なんて排気量が全然違うのにタンクとアンダーカウル以外RSV4(1000cc)の物を流用してますからね・・・

アレイシのコメントの極めつけが、「正直、予選はどうでもいいです。」って言い切っちゃうところ・・・
今季残り3戦で表彰台に立ちたいならば、予選は超重要だと思うのですが・・・

いつものアプリリア パターンなら、予選と決勝は散々になる気がするんですが・・・
アレイシのコメントがフラグに見えてどうしようもありません。

まぁ頑張れ。アレイシ&アプリリア

0 件のコメント:

コメントを投稿