2017年9月6日水曜日

Motogp第15戦 日本グランプリ ワイルドカード日本人ライダー3名発表!!

このエントリーをはてなブックマークに追加


二輪モータースポーツの国際統括を行う国際組織である、FIMより10月13日~10月15日にツインリンクもてぎで行われるMotogp 第15戦日本グランプリにワイルドカードで参戦するライダーが発表されました。今年のワイルドカード参戦ライダーはJSB1000クラスより1名 J-GP2クラスより2名となりました。Motogpクラスには、全日本ロード選手権に参戦中で、JSB1000クラスを走り、今年もヤマハのMotoGP車両の開発ライダーを務めている 中須賀 克行 選手がYAMALUBE YAMAHA FACTORY RACINGよりゼッケン21をつけて参戦が決定しました。



中須賀 選手は2011年からMotogpにワイルドカードで参戦しており、2012年のMotogp最終戦のヴァレンシアにヤマハ・ファクトリー・レーシングから参戦し、16番グリッドからスタートしましたが、決勝では2位となり、Motogpクラスのスポット参戦者としてはトロイ・ベイリス以来、日本人参戦者としては中野真矢以来の表彰台を獲得しています。

動画有り!もてぎ2&4レース 結果 YAMAHAファクトリー2人のガチンコバトル! という記事の後半にも書きましたが、中須賀選手は、今年のJSB1000クラスで17インチのブリヂストンタイヤ+YZF-R1M+ライディングスタイル が、ほんの少しばかり噛み合っておらず不運なレースが続いていますが、17インチのミシュランタイヤとYZR-M1の組み合わせで、何か得るものがあればいいなと個人的に応援しています。
その前に今週末の9月9日~9月10日に行われる 全日本ロードレース選手権 第7戦 オートポリスが待っていますが・・・




moto2クラスは、全日本J-GP2クラスで現在ポイントリーダーにつけている水野 涼選手と現在ポイントランキング5位の榎戸 育寛選手がエントリーしています。
シャーシは2人ともKALEXで参戦予定のようです。
ゼッケンは、水野 選手が「34」と榎戸 選手が「33」を背負って走ります。
2人ともmoto2は初参戦となります!
moto3クラスですが、今年は日本人ライダーのエントリーは無いようです。



moto2ワイルドカードが決まった水野 涼選手のコメント
「今回の参戦にあたりチーム、各メーカー様のご協力に心から感謝しています。
夢の舞台で恥じのない様に全身全霊をかけて戦いたいと思います。
皆様応援よろしくお願いいたします」






moto2ワイルドカードが決まった榎戸 育寛選手のコメント
「Honda様を始め、ピーアップ中込社長や多くの方にご支援を頂き、この場に立つことができました。
存在感を見せられるレースをしていきますので応援よろしくお願いします!」

2人とも世界の舞台で、自分の走りを試せるとあって、やる気十分ですね!!
レギュラーライダーと比べると、マシンに乗れる時間やテスト期間は皆無に等しく、短時間でバイクを仕上げなければならないので、無駄な時間も無く大変でしょうが頑張ってください!!
今年も気合いを入れて、ツインリンクもてぎ では日本人ライダーを応援します!!


出典元:全日本ロードレース選手権より

0 件のコメント:

コメントを投稿