2017年6月30日金曜日

ジョナサン・レイ大英帝国勲章 受勲!!

このエントリーをはてなブックマークに追加

川崎重工のファクトリーレースチームである「カワサキレーシングチーム」からスーパーバイク世界選手権にNinja ZX-10RRで参戦しているジョナサン・レイ選手が、モータースポーツへの貢献を評価され、英国エリザベス女王から大英帝国勲章(MBE:Member of the British Empire medal)を受勲することが決まりました。


大英帝国勲章は、英国が国家と社会に貢献した個人に贈る勲章で、年2回発表され、秋に授与式が行われます。今回、ジョナサン・レイ選手はこれまでのモータースポーツでの功績を称えられ、受勲することになりました。
受勲が決まったことに対して ジョナサン・レイ選手は、「受勲については数ヶ月前に知らされました。受勲は非常に名誉なことであり、レースで年間チャンピオンに決まった時よりも多くの方からメッセージを頂きました。モータースポーツ界だけでなく、広く一般に認められ、モーターサイクルを知ってもらえたことは素晴らしいことです。」と語っています。



今回、レイが授与する勲章ですが、MBE(メンバー)というランクの勲章です。

同じ勲章を授与した人物は、

・アデル (歌手)(2013)
・エドワード・キャヴェンディッシュ (第10代デヴォンシャー公爵)
真田広之(俳優)(2002)(日英の文化交流に貢献したとして、今回の叙勲が実現した。)
・エド・シーラン(2017)
・リンゴ・スター(1965)
戸地功(2013)(元英国人捕虜に対する日本での追悼活動が評価された)
・C・W・ニコル(小説家)(2005)
・ジェンソン・バトン(2010)
・ルイス・ハミルトン(2008)※王族以外での最年少受賞者
・ジョージ・ハリスン(1965)
・コリン・マクレー
・ポール・マッカートニー(1965) ※1996年にKnight Bachelorを授与されナイトの称号を受ける
・ジョン・レノン(1965)※1969年、生前に自らの意志で返納

等がいます。
どんな人がMBEを受賞したんだろうと思い、調べたら真田広之さんがいたのに驚きました。




なお、ジョナサン・レイ選手はポイントランキング総合首位(6月18日時点)でシーズンを折り返し、3年連続のシリーズチャンピオンに向けて後半戦を迎えます。



生年月日:1987年2月2日
出身地:イギリス

【主な戦績】
2005年 英国スーパーバイク選手権16位
2006年 英国スーパーバイク選手権 4位
2007年 英国スーパーバイク選手権 2位、鈴鹿300km 優勝
2008年 スーパースポーツ世界選手権 2位(3勝)、スーパーバイク世界選手権26位
2009年 スーパーバイク世界選手権 5位(2勝)
2010年 スーパーバイク世界選手権 4位(4勝)
2011年 スーパーバイク世界選手権 9位(2勝)
2012年 スーパーバイク世界選手権 5位(2勝)・鈴鹿8時間耐久ロードレース優勝
2012年 スーパーバイク世界選手権 5位(2勝)
2013年 スーパーバイク世界選手権 9位(1勝)
2014年 スーパーバイク世界選手権 3位(4勝)
2015年 スーパーバイク世界選手権チャンピオン(14勝)
2016年 スーパーバイク世界選手権チャンピオン(9勝)

0 件のコメント:

コメントを投稿