2018年12月11日火曜日

ジョナサン・レイがアルスター大学から名誉博士号授与!

このエントリーをはてなブックマークに追加


昨年の6月にエリザベス女王から大英帝国勲章を受勲したジョナサン・レイですが、今シーズンは史上初のWSBK4連覇達成したことから、アルスター大学から名誉博士号を授与されました。

10月に行われた最終戦のカタール戦ではレース2が悪天候により中止されましたが、今シーズンのレイの勝利数は1991年にダグ・ポーレンが樹立した1シーズン中の最多記録17勝に並び、最終戦カタールでのレース1で勝利したジョナサン・レイは、連続勝利記録を11に広げています。

まさに「レコードブレイカー」とも呼べるジョナサン・レイの今シーズンの活躍は、BBCを含む多くのメディアがピックアップしたニュースとなり、スポーツへの貢献度が高いことでアルスター大学から名誉勲章を授与されました。

2018年12月10日月曜日

HRCからトライアルマシンRTL300Rの2019年モデルが発表!

このエントリーをはてなブックマークに追加


12月7日にHRCより、2019年モデルの「RTL300R」を2019年2月(予定)に全国のHRCサービスショップにて発売するとの発表がありました。

2019年モデルでは、カラーリングに全日本ロードレース選手権に参戦しているワークスチーム「Team HRC]のイメージを踏襲したトリコロールカラーを採用しており、2017年のモデルチェンジ時にエンジンのピストンリングを2本から3本に、電装はECUのマッピングを見直し、中低速域のレスポンスアップと耐久性アップを実現しています。

足回りは前後のハブをアルミの削出しとすることで軽量化を達成し、取り扱いやすさの向上を実現しています。2019年モデルのRTL300Rの主要諸元と発売時期、販売価格、販売店のHRCサービスショップ一覧は下記の通りです。

2018年12月9日日曜日

要チェック!MotoGP2019年シーズンへ向けて規則変更を発表!

このエントリーをはてなブックマークに追加

12月5日にFIM国際モーターサイクリズム連盟は、グランプリ・コミッションが11月30日にスペインの首都マドリード市内で競技規則と技術規則に関して行った協議により、以下の規則変更を施行することを発表しました。

変更点が約10項目になりレインタイヤの割当など、中にはレースウィーク中で重要になってくるような内容も発表されています。

今日は、12月5日にFIM国際モーターサイクリズム連盟より発表された2019年シーズンから施行される規則変更について紹介したいと思います。


2018年12月7日金曜日

F1王者のルイス・ハミルトンがヘレスでスーパーバイク仕様のR1を試乗

このエントリーをはてなブックマークに追加

ルイス・ハミルトンと言えば、2年連続5度目のタイトル獲得したF1王者として有名ですが、バイク好きなF1ドライバーとしても有名で、2015年にMVアグスタからハミルトンとコラボしたモデルの「ブルターレ 800 ドラッグスター RR LH44」が244台限定で発売され、2017年にもMVアグスタからハミルトンとコラボした「F4 LH44」が44台限定で発売されました。

ダイムラーはハミルトンがドライバーを務めるメルセデスAMGペトロナスF1チームを所有し、MVアグスタに25%の出資をしている関係で、MVアグスタから限定モデルが発売されたのですが、今回はMVアグスタではなくPata Yamaha Official WorldSBK Teamの用意したYZF-R1をレギュラーライダーのアレックス・ロウズとマイケル・ファン・デル・マークと共に12月3日にヘレスサーキットで試乗しました。

ハミルトンは第5ターンで軽い転倒をしたそうなのですが、怪我もなく残りの時間もバイクに乗り楽しんだそうです。

2018年12月6日木曜日

大久保 光選手とルーカス・マヒアスがPuccetti Racing Teamと正式契約!

このエントリーをはてなブックマークに追加

既に、先日行われたヘレステストでZX-6Rを走らせているので今更感もあるのですが、2017年にWSSPタイトルを獲得したルーカス・マヒアスが、2019年のスーパースポーツ世界選手権にプセッティ レーシングチームからの参戦することに正式契約を交わしました。

マヒアスは2015年のシーズン途中までカワサキ・インターモト・ポニーエクスプレスからZX-6Rを走らせており、久々にカワサキのバイクでWSSPに参戦となります。

また、大久保 光選手も2019年シーズンをプセッティ・レーシング チームと契約を交わし、2019年も同チームから継続参戦となります。